新型メルセデス・ベンツAクラスはMBUXという“新兵器”装備|Mercedes-Benz

新型メルセデス・ベンツAクラスはMBUXという“新兵器”装備|Mercedes-Benz

CAR FEATURES

Mercedes-Benz A Class|メルセデス・ベンツ A クラス

新型メルセデス・ベンツAクラスはMBUXという“新兵器”装備 (2)

満載のデジタルデバイス

MBUXは7インチのタッチスクリーンとステアリングホイールのボタンで操作できる。最新のナビゲーションシステムは(欧州では)曲がり角の目標物を画像で表示するなどきめ細かい。

最初に「Sクラス」で採用された64色のアンビエントライトもオプションで用意される。シートヒーターもと快適装備も事欠かない。

しかも音声で「ブルー」といえば車内照明の色がブルーになるし、シートヒーター前席左側のみという指示も音声でできるという。

大型モニタースクリーンがドライバーの眼の前に設置されるなど、いわゆるGUI(グラフィカル ユーザー インターフェイス)も新しい。たとえば地図の表示はユニークだ。

S_033_mb_Aclass
S_034_mb_Aclass

スマートフォンと連動するアプリも多い。なかでも特筆に値するのはスマートキー。実際のキーに代わってクルマを始動できるシステムである。

一説によるといま欧州では自分のクルマを複数の人とシェアするのがトレンドなのだとか。それに課金することで、おこづかいが稼げる。面白い考え方だ。

AクラスにはさらにオプションでSクラスから下りてきた運転支援システムが搭載される。一定の距離までなら操舵も自動で行われるドライビングアシスタンスシステムを選ぶことも可能だ。

万が一の衝突の際、衝撃音による乗員の聴覚への被害を軽減するため、人間の耳の筋肉を事前に刺激するシステムも採用されている。