谷川じゅんじ|連載 第3回「感性 kansei -Japan Design Exhibition- 」

谷川じゅんじ|連載 第3回「感性 kansei –Japan Design Exhibition– 」

Composing Days -スペースコンポーザーの空間録-

第3回「感性 kansei –Japan Design Exhibition– 」(1)

もう一度見たい空間がありますか? そう問われると、決まってあの空間のことが頭に浮かぶ。2008年にパリで開催された展覧会「感性 kansei –Japan Design Exhibition– 」だ。いまのタイミングだからこそもう一度再編してみたい。もっと言うなら、あの空間体験を日本の人たちにこそ体感してもらいたい。そう思える稀有なプログラムで、日本のものづくりの面白さや奥深さを、じつにシンプルかつスタイリッシュに空間化できたすばらしい展覧会であった。

Text by TANIGAWA Junji
Photographs by MATSUI Koichiro

この展覧会は「未来感性」「歴史感性」「現在感性」という3つのゾーンで構成。シンメトリカルに3室が並ぶ展示会場を使い展覧会を組み立てていった。ルネサンス様式の壮麗な中央展示ホール“nef”には、「歴史感性」を展示。インスタレーション型の空間表現で日本の感性を叙情的に展開した。建物西側の展示室は「現在感性」と名付けたプロダクト展示。さまざまなモノに織り込まれた“感性”を、製品を通して感じ取ってもらう仕掛けとした。東側展示室には「未来感性」と名付けたゾーンを展開。技術展示や伝統技術、最新印刷技術やグラフィックデザインなど、これからのものづくりを示唆するアプローチを採った。実演やワークショップでは多くの人が足を止め、実演や映像に目や耳を傾けてくれた。

会場全体は順路を廃し、自由に行き来できる動線設計を採用。どこから見ても一定の印象と理解が促せる散文的な空間とした。キュレーションされたプロダクトは、「かげろう」や「もてなし」といった和言葉に準じてレイアウト。説明的になりすぎないポエティックな表現は、言葉に拘るフランスの人々に大いに喜ばれ、受け入れられた。

感性 kansei –Japan Design Exhibition–
経済産業省が策定した「感性価値創造イニシアティブ」に基づき、感性に訴えかける日本の優れた製品やサービスを紹介する展示会。本展示会は、2008年12月12日~21日(10日間)、ルーヴル宮 国立装飾美術館にて、デザインアソシエーションが総合プロデュースする日仏交流150周年記念のデザイン展「感性 kansei –Japan Design Exhibition– 」として開催されました。

会期|2008年12月12日(金) ~ 21日(日)
会場|LES ARTS DECORATIFS(ルーブル宮 国立装飾美術館)
主催|経済産業省(METI)、日本貿易振興機構(ジェトロ)
共催|LES ARTS DECORATIFS (ルーブル宮 国立装飾美術館)
総合プロデューサー|川崎健二 (デザインアソシエーション理事長)
アートディレクター|浅葉克己
書家|武田双雲
キュレーター|下川一哉(日経デザイン編集長)、遠藤昇(エディター)
監修|赤池学、喜多俊之、内藤廣、平野暁臣
空間クリエイティブ|谷川じゅんじ(JTQ)
オブジェクトデザイン|廣瀬大祐
照明デザイナー|石井リーサ明理
映像制作|チームラボ株式会社

ABOUT
TANIGAWA Junji

スペースコンポーザー JTQ株式会社 代表 www.jtq.jp 1965年生まれ。2002年、空間クリエイテ […]