この良き理解者がいたから、難しいコラボレーションも実現できた|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|この良き理解者がいたから、難しいコラボレーションも実現できた

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

版権管理のスペシャリスト
スティーブン・チアニーシさんに聞く(1)

メディコム・トイが他の玩具メーカーと圧倒的に異なるのは、時代のエッジとなる人物、キャラクターと、まさにベストなタイミングでコラボレーションしてきたことにある。その目のつけどころ、仕事の完成度の高さに、誰もが驚き、魅了されてきたのだ。その背景のなかで、メディコム・トイの社外にいながら、メディコム・トイの常に良き理解者であり、メディコム・トイとともに尽力してきた非常に重要な人物がいる。その人物が、この人。今回の連載は、満を持してスティーブン・チアニーシ氏の登場である。

Photographs by OHTAKI KakuText by SHINNNO Kunihiko

あのキャラクターも! このキャラクターも!!

――まずは現在のスティーブン・チアニーシさんの仕事内容について教えてください。

スティーブン ユニバーサルのインターナショナル商品開発部門の代表を務めています。ユニバーサルは3部門に分かれていて、今年公開される『ジュラシックワールド/炎の王国』(7月13日公開予定)を制作しているモーション・ピクチャーズ、『ミニオンズ』『SING/シング』を制作しているイルミネーション・エンターテインメント、そして『ヒックとドラゴン』『ボス・ベイビー』(3月21日公開予定)を制作しているドリームワークスという3部門に分かれています。

――忙しい毎日を過ごされていますね。

01_BE@RBRICK-DAVE-400%
02_BE@RBRICK-MEL-400%

TM & © Universal Studios.
BE@RBRICK TM & © 2001-2018 MEDICOM TOY CORPORATION All rights reserved.

スティーブン ええ、とても。コンシューマプロダクツ部門が急成長しているので、今年はもっと忙しくなる予定です。特に「ミニオンズ」はアジアの全キャラクターランキングの1位に選ばれたんです。既にBE@RBRICKにもなっていますが、ミニオンズというキャラクターはファッションの観点やキャラクターのユニークさからもすごく面白いものなので、これからもメディコム・トイが面白い提案をしてくれることを期待しています。

――今日はメディコム・トイについてお話をうかがわせてください。

スティーブン 最初の出会いは「スター・ウォーズ」でした。当時私はルーカス・フィルムに在籍していて、KUBRICKのライセンスを許諾する際に関わったのが最初でした。忘れもしない1999年2月のニューヨーク トイフェア(世界最大の玩具見本市)での出来事です。あの日ニューヨーク は大雪に見舞われましたが、とても有意義なミーティングが出来たことを覚えています。

――「スター・ウォーズ」KUBRICK第1弾は、2003年1月に限定で通信販売されたルーク・スカイウォーカー、プリンセス・レイア・オーガナ、チューバッカ、R2-D2の4体セットでした。

スティーブン あれは「スター・ウォーズ」フィギュアのコレクターならご存知だと思いますが、1977年にケナーから発売された“アーリーバード”と呼ばれるセットを模したものです。そのときもうひとつ提案されたユニークなプロジェクトが、シリーズ1(2003年2月発売)のラインナップをすべて『エピソードV 帝国の逆襲』に登場した6人のバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)にしたことです。

――レギュラーシリーズのスタートがメインキャラクターではなく、敵側のバウンティ・ハンターだったことに驚きました。

スティーブン ボバ・フェット以外は本編の出番が多くないため商品化の機会も少なかったのですが、ダース・ベイダーに集められた腕利きの賞金稼ぎたちということで、コアなファンの間ではとても人気の高いキャラクターです。メディコム・トイの考えは、彼らをKUBRICKにすることで背後にあるストーリーまで語りたいということでした。当時ルーカスフィルムは玩具会社からそういうユニークなコンセプトの提案を受けたことがなかったので、とてもありがたいと思いました。

――時期的にはちょうど新三部作(エピソード1〜3)が盛り上がっていた頃ですね。

スティーブン ビジネスの観点からもスター・ウォーズと日本との関係「黒澤明監督作品からの影響など」についてはファンの間でも知られていたので、日本のメーカーから過去の作品の面白いストーリーを商品化してくれるパートナーが出てきてくれたことがすごく嬉しかったです。ただし、そこから社内の承認を得るのはすごく難しかったです。この商品を出すことの意味を理解してもらうためには1年以上かかりました。

Page02. なぜ、そこまで……