vol.15「春風になびく、薄手コート」BALENCIAGA|バレンシアガ

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.15

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

みなさんがお住いの地域で、春一番はもう吹きましたか? 今回の編集大魔王リコメンドは、春風になびくゆったりサイズの薄手コート。まだまだ肌寒く、着るものに悩むことが多い春先に最適なセレクトです。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

BALENCIAGA|バレンシアガ

s_s_001_best_15_BALENCIAGA
s_s_005_best_15_BALENCIAGA

祐真 「無類のコート好きとして、春先のコートの足元には合わせたいのは、やはりスニーカー。秋冬はきちんとしたレースアップシューズを履きますが、陽気がどんどん良くなるこれからの季節は、軽めのコートにスニーカーの組み合わせが最高!だと思うのです。

そしてなんといっても今の気分にぴったりなのがバレンシアガの『トリプル S』の新作。ランニング、バスケットボール、陸上競技の3つのソールを融合させたボリュームと、ユーズド加工を施したアッパーが圧倒的な存在感を誇る注目のスニーカー。さっそく僕も毎日のように履いています。

履く前は『重いかな?』と思いましたが、慣れればけっこう楽なもの。最初はボトムに何をあわせればいいのかわからなくて苦労しましたが、結局、フレアパンツが最もしっくりくるというところに落ち着きつつあります。フレアパンツにはヒールブーツが合うと思っていたけれど、こういうスニーカーも実に合う!意外な発見でした。

この春の(といわず、いつもですが)ヘビロテは、風になびくコートとスニーカー。オールドスクールなスニーカーもいいけれど、今はこういうナイロンメッシュ系も大いにアリ。ルーズなシルエットのコートにボリューミーなスニーカーが断然イケてると思います」

9万3000円*予定価格(バレンシアガ/バレンシアガ ジャパン 0570-000-601)

s_s_002_best_15_BALENCIAGA_cube
s_s_003_best_15_BALENCIAGA_cube
s_s_004_best_15_BALENCIAGA_cube
問い合わせ先

バレンシアガ/バレンシアガ ジャパン

0570-000-601

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]