vol.14「コンビシューズ、再び」PRADA|プラダ

編集大魔王・祐真朋樹のザ★ベスト7 vol.14

連載|編集大魔王・祐真朋樹 ザ★ベスト7

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

今回のザ★ベスト7は、連載第一回に続いて「コンビシューズ」。ネタが尽きたわけではありません。 編集大魔王がこよなく愛するコンビシューズだからこそ、何度でも紹介したいのです。

Direction by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by KAWAI Kohta Text by HATAKEYAMA SatokoGrooming by 大東京

PRADA|プラダ

s_s_001_best7_14_prada
s_s_005_best7_14_prada

祐真 「今シーズン注目したいのは、コンビシューズの幅広いバリエーション。カラーコンビネーションやレザーの切替えで今風にアップデートしているものや、様々な手法でよりフレッシュなムードを加味しているものがたくさん出ています。

プラダのシューズは、いかにも「コンビ」なルックスですが、ポインテッドトゥで、どちらかというとフィフティーズに近い世界観を持っています。アッパーにはグラデーションのパンチングがほどこされ、ソールもスポーティかつモダン。エキセントリックな雰囲気が漂う個性派です。

と、ついしつこくプッシュしてしまうコンビシューズですが、この調子でいくと第三弾も軽くいけそうな予感がします。これを期にコンビシューズを履こうと思われた方も、そうでない方も、ぜひご期待ください!」

9万2000円*予定価格(プラダ/プラダ クライアントサービス 0120-45-1913)

s_s_002_best7_14_prada_cube
s_s_003_best7_14_prada_cube
s_s_004_best7_14_prada_cube
問い合わせ先

プラダ/プラダ クライアントサービス

0120-45-1913

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]