CASUAL LIVE 17と、BGブランド初のニット帽|戸田恵子×植木 豪

戸田恵子×植木 豪|CASUAL LIVE 17と、BGブランド初のニット帽

Happy? Half Century

戸田恵子×植木 豪

CASUAL LIVE 17と、BGブランド初のニット帽

CASUAL LIVE 17を終えた感想と、BGブランド初となるニットキャップが登場!2018年もどうぞ宜しくお願い致します。

Text by TODA Keiko

CASUAL LIVE 17

戸田恵子(以下、戸田)・植木豪(以下、植木)お疲れ様でしたー!!

戸田 一昨年同様、12月、渋谷のJZ Bratでのライブでしたがどうでしたか?まあいつもと変わらないLIVEですけど。

植木 いやいや、回を重ねるごとに変わってきてると思いますよ。姉さんの歌と荻野さんのピアノとの掛け合いがどんどん進化してきてると思います。姉さんのLIVE独特の歌い方もあるしね。お客さんはそういうのを楽しみにしてきてると思います。

戸田 それはそれはありがとうございます。(笑) 実はピアノのキヨちゃんもいつも言ってくれるんだよね。私の歌がどんどん進化してるって。自分なりに分析してみると、上手くなってるわけではなく、空間力というか、あのJZ Bratの空間で唄う力みたいな、そんな力が少しずつついてきたのかなと思ってます。

植木 その雰囲気、よく伝わってますよ。普段の姉さんとは違う楽しさがある。トークライブのような。

戸田 LIVEはいつもやるまでが大変だと思うけど、やるたびにLIVEはいいなーと思いますね。本当に幸せを感じる場だなと。せっかく来てくださったお客様にはトークも含め、楽曲もその時ならではのものをお届けしたい。いつもそんな気持ちでいっぱいです。

toda-keiko_009
toda-keiko_010

植木 僕とのお喋りもライブならではと思いますが、いつも楽しいですよね。12月ということで、今年もサプライズしてもらって本気で驚きました。(笑)

戸田 そ!12月は豪の誕生月だから、いつもこっそりキヨちゃんと考えるのが楽しいです。今年は最高でした!これもライブ感。お客様もびっくりしたと思います。(笑)

植木 Xmasメドレーもいつも心地良いです。僕達の楽曲、Dancin’ on the earthもピアノ一本のアレンジで、段々大人っぽく歌えるようになったのでは?

戸田 そうですね。キヨちゃんも気に入ってくれてます。そして豪のダンス。

植木 いつもあそこでしかできない特別なダンスを踊ってます。だからいつもとても楽しみだし、成長に繋がってると思います。アクロではなくポッピングのソロダンス。自分の好きなダンスを好きな曲で踊る空気感。良い意味でめちゃくちゃ緊張感もあります。

戸田 いつも素晴らしいダンスでLIVEを盛り上げてくれて感謝しています。ありがとう!

植木 僕も楽しんでますから。

戸田 そして、昨年11月に急逝した盟友の鶴ひろみさんを偲んで何か追悼の歌を歌いたかったので、Kiroroの『Best Friend』を選びました。もちろん本当に急な出来事だったので予定には入ってなかったのですが、やはり何か歌いたいと思いました。言葉で語るより、歌いたいとね。

植木 変な言い方ですが、すごく良かったです。

戸田 まだ四十九日も前の時期でね、きっと側で聴いててくれるような気がしました。その時はドキンちゃんのカードも側に立ててずっと唄ってたし。ただ、どうにも泣いてしまうので、譜面のところに豪のイラスト描いてもらってね、それ見て和んで唄えるように。

植木 そうでしたね。イラストが役に立って良かったです。

toda-keiko_011

戸田 なんとか泣かずに届けられたと思います。もしかしたらXmas LIVEに本人が来てたかもしれない、そんなLIVEでしたから。ライブ会場では鶴さんはいつも並んでBGブランドの商品を買ってくれてたんですよね。

植木 姉さんからいつも聞いてます。アンパンマンファミリーの中でも特にヘビーユーザーだったと。

戸田 ホントにそう。よく着てくれていました。昔のものも大切に長く使ってくれていました。私の中ではまだまだお別れできてないのだけど『Best Friend』を歌ったことによって、小さなお別れをしたような気持ちです。けじめをつけるのは中々に難しいものです。でも歌うことで何かを届けたいとか、祈りにも似た気持ちを大事にしたいと思いました。

植木 お客さんにもきっと伝わったと思いますよ。

戸田 ありがとう。LIVEでは新しい曲も発表したいですよね。どんな曲がよいでしょう?

植木 やっぱりエール曲かなと。僕たちの、僕たちなりのエール曲。還暦なのに側転ができちゃう人と、42才で飛び跳ねてるダンスしてる僕とが作るエール曲。(笑) 元気が出る歌を。

戸田 考えるだけでわくわくするね。

植木 ますます姉さんと荻野さんとの二人の相乗効果を期待してます。

戸田 キヨちゃんの奏でる音色の変化。表現力。アレンジ力。そして豪のキラキラダンスとハーモニー!最強チームだと思っています。感謝。今年もどうぞ宜しくお願いします。

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。