東京オートサロンのキーワードは「スポーツ」と「カスタマイズ」|TOKYO AUTO SALON 2018

CAR FEATURES

TOKYO AUTO SALON 2018|東京オートサロン 2018

「スポーツ」と「カスタマイズ」の東京オートサロン (2)

キーワードはやはりスポーツモデル

ホンダもモータースポーツ関連の発表を大々的に行った。とくに全日本GT選手権に参戦する5チームのドライバーが集結するなど、見せ場を作ったのだった。

車両は17年度にマカオでデビューした「NSX GT3」や、無限がさらにスポーティに仕立てた「RC20GT シビック タイプR コンセプト」をはじめ、ホンダとモータースポーツとのつながりを感じさせるモデルが多かった。

Honda NSX GT3|ホンダ NSX GT3

Honda NSX GT3

Daihatsu Boon Sport Package|ダイハツ ブーン スポルト パッケージ

Daihatsu Boon Sport Package

スバル(実際にはSTI=スバル テクニカ インターナショナル)はスポーツモデルの数かずを並べた。どれもブルーのボディにレッドの差し色が特徴的だ。

最近では329psのハイパワーエンジン搭載の限定モデルSTI WRX「S208」が626万4,000円であるのにかかわらず450台を売り切るなど、同社の路線が正しいことを平川良夫代表取締役社長は強調。

スポーツモデルやモータースポーツ活動を発端とするSTIのありかたとして、「これからも量産車をベースにしたスポーツモデルに力を入れていきます」と語ったのだった。

ダイハツやスズキ、それに三菱自動車は新車に力を入れて展示。特に三菱自動車は「エクリプス クロス」なる新型車のコンセプトモデルを披露した。

ダイハツやスズキは市販車をカスタム化して、クルマの可能性をさぐるような傾向がみられた。釣り仕様とか他愛のないコンセプトモデルもあったが、自分のライフスタイルに合ったクルマが欲しいという消費者の気持ちをとらえていたかもしれない。

Suzuki Carry Fishing Gear|スズキ キャリー フィッシングギア

Suzuki Carry Fishing Gear