東京オートサロンのキーワードは「スポーツ」と「カスタマイズ」|TOKYO AUTO SALON 2018

東京オートサロンのキーワードは「スポーツ」と「カスタマイズ」|TOKYO AUTO SALON 2018

CAR FEATURES

TOKYO AUTO SALON 2018|東京オートサロン 2018

「スポーツ」と「カスタマイズ」の東京オートサロン

もともとはドレスアップカーを中心としたプライベート色の濃いイベントだった「東京オートサロン」。自動車メーカーが集客効果に注目するようになってからは規模も拡大し、今では国内有数の自動車ショーへと成長した。今年も幕張メッセで開催され大いににぎわったオートサロン2018。その模様を小川フミオ氏がレポートする。

Text & Photographs by OGAWA Fumio

国内屈指の規模に成長したクルマショー

日本で最も人気の高いクルマのショーともいえる東京オートサロン。2018年の話題は公道を走るWECマシンといえるGRスーパースポーツコンセプトだ。

2018年1月12日から14日にかけて幕張メッセで開催された東京オートサロン。880台の車両が出展されるという大きな規模で、入場者数は30万人を超えたという。

s_004_autosalon_2018
s_005_autosalon_2018

東京オートサロンといえば、もともとはモータースポーツにインスパイアされたドレスアップカーを中心としたプライベート色の濃いイベントだった。

自動車メーカーが集客効果に注目するようになってからはさらに規模を拡大。新車を公開するメーカーもあり、大きなイベントへと成長している。

2018年の目玉のひとつは、トヨタ自動車でモータースポーツを受け持つガズーレーシングカンパニーが出展した「GRスーパースポーツ」。

Toyota GR SuperSport Prototype|トヨタGRスーパースポーツ プロトタイプ

Toyota GR SuperSport Prototype

Toyota GR SuperSport Prototype|トヨタGRスーパースポーツ プロトタイプ

ルマン24時間レースに代表されるWEC(世界耐久選手権)マシンをベースにした公道を走るスポーツというふれこみだ。V6エンジンに電気モーターを組み合わせたTHS-Rというシステムも使う予定という。

多くの報道陣を集めてのお披露目の場で、「トヨタ自動車はクルマの楽しさをずっと追求していく」と、ガズーレーシングカンパニーの友山茂樹プレジデントは語った。

ただし価格や発売時期は「未定」(友山プレジデント)という。登場したあかつきには、2019年発売というメルセデスAMGのF1パーツを使ったスーパースポーツ「プロジェクトワン」との真っ向勝負になるだろうか。