螺鈿ダイアル スプリングドライブ限定モデル登場|CREDOR

CREDOR|螺鈿ダイアル スプリングドライブ限定モデル登場

Watch & Jewelry NEWS

CREDOR|クレドール

月夜に舞う桜吹雪を漆芸で描き出す
クレドール螺鈿ダイアル スプリングドライブ限定モデル

セイコーは、高級ウオッチブランド、クレドールから「桜吹雪」をデザインモチーフに、漆塗りダイアルに螺鈿細工を施したモデルを限定120 本にて、2018年3月9日(金)より全国のクレドール取扱店にてリリースする。

Text by OZAKI Sayaka

日本伝統工芸と時計作りの匠の技能が融合したドレスウオッチ

クレドールは和の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチのシリーズとして1974年に誕生した。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTE D’OR)」を意味するその名にふさわしく、ムーブメントから細かな部品の一つひとつに至るまで名工の技術を注ぎ込み、美しさと品質を守り続けるブランドだ。

クレドールに誕生した漆芸ダイアルモデルの新作は、日本の伝統的な螺鈿細工と漆芸の技法を用いた装飾に、セイコー独自のスプリングドライブキャリバーを搭載し、伝統と先進性が融合したウオッチである。

螺鈿細工は切り出した板状の貝片を漆で地板に接着し、上から漆を塗ったのち貝片が見えるまで余分な漆を研ぎ出す伝統工芸の技法。この限定モデルの螺鈿細工は、老舗漆器メーカー「漆器 山田平安堂(やまだへいあんどう)」の職人によって、一点一点手作業で仕上げられている。

ダイアルには、雅やかな桜吹雪の夜の情景をシンプルで現代的なデザインにアレンジし、螺鈿と蒔絵の技法を織り交ぜて表現。白蝶貝で花びらが舞う様子を写し取り、貝の向き、大きさ、色合いなどすべてを計算して並べる緻密な配置は、熟練した螺鈿細工の職人によって叶えられた。

きらきらと光る螺鈿の背景にはやわらかい輝きを放つプラチナ蒔絵を散らし入れることで絶妙なコントラストが醸出。またダイアル上部のパワーリザーブ表示を神秘的な三日月に見立て、4時位置に配された桜の花のモチーフとともに春の月夜の情景を華やかに表現している。

12時、3時、6時、9時のアワーマークには白蝶貝の螺鈿細工が施され、その他のアワーマークにはプラチナ蒔絵を用いることで、美しさと共に視認性も確保している。

ムーブメントには、機械式時計と同様にぜんまいのほどける力を動力源としながら、ICと水晶振動子で制御するセイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」ムーブメントキャリバー7R87を搭載。セイコーエプソン塩尻事業所「信州時の匠工房」において高度な技能を持つ技能士がひとつひとつ手作業で組み立てた匠の技と先進の技術が融合した高性能ムーブメントで、確かな精度を誇る。

sub1
sub3

<クレドール>シグノ スプリングドライブ螺鈿限定モデル

Ref.|GCLP989
ムーブメント|手巻き(スプリングドライブムーブメント キャリバー7R87)
ケース径|38mm
ケース素材|SS
ストラップ素材|クロコダイル
防水|3気圧
価格|100万円(税別)
限定数|120本

問い合わせ先

セイコーウオッチ お客様相談室

0120-061-012

http://www.seiko-watch.co.jp