メルセデスGクラス、40年ぶりのフルモデルチェンジ|Mercedes-Benz

メルセデスGクラス、40年ぶりのフルモデルチェンジ|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz G-Class|メルセデス・ベンツ Gクラス

長年の進化を一気に果たす

メルセデスGクラス、40年ぶりのフルモデルチェンジ

メルセデスは今年1月、デトロイトで開催中の2018年北米国際モーターショー(NAIAS)で、実に40年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型Gクラスを発表した。

Text by SAKURAI Kenichi

ゲレンデヴァーゲン、第2世代へ

実に約40年もの長きにわたり、世界中のカスタマーから高い支持を得てきた、孤高のSUVたるメルセデス・ベンツの“ゲレンデヴァーゲン”。発表当時はSUVというカテゴライズさえない時代であり、したがって今改めて見れば、タフでただただ走破性のみを求めた本格的な4駆モデルであったことが分かる。

ゲレンデヴァーゲンは、メルセデス・ベンツと、オーストリアのシュタイア・プフ社との共同開発によって、軍用車両として企画されたモデルだった。それを民生用車両として転用したのがゲレンデヴァーゲンである。1979年市販当時の型式はW460。パートタイム4WDを採用していた。その後1989年にマイナーチェンジを受け型式はW463となり、同時にフルタイム4WDシステムを導入した。

s_002_mb_G_class
s_029_mb_G_class

さらに時は進む。メルセデスのネーミング戦略にのっとり、ゲレンデを意味するGの頭文字を得て「Gクラス」と呼ばれるようになるが、それは1994年のこと。ここまでパワートレインの変更や、内外装のアップデイトを繰り返して改良に改良を重ね進化を遂げてきたが、シャシーやボディフォルムなど、基本的なボディ ストラクチャーは現在に至るまでデビュー当時のそれを踏襲してきた。

そうしてデビューから約40年後の今年1月、北米国際自動車ショー(NAIAS=通称デトロイトモーターショー)で新型のGクラスがヴェールを脱いだ。前述のとおり基本構造を変更しないまま40年近くにわたり作り続けられてきたことから、メルセデスではこの新型Gクラスをもって第2世代と表現する。