素材とデザインをこだわりぬいた美しいキャット・ツリー|RINN

RINN|素材とデザインをこだわりぬいた美しいキャット・ツリー

DESIGN NEWS

RINN|リン

Modern Cat Tree NEKO

「Modern Cat Tree NEKO」は、天然素材を使用し、美しい佇まいが印象的なキャット・ツリー。木の文化である東洋と石の文化である西洋のふたつの文化的な融合を表現しつつ、猫への配慮も徹底したプロダクトだ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

年間22台限定生産

RINN Inc(リン)から、厳選した素材と美しいデザインが印象的なキャット・ツリー「Modern Cat Tree NEKO」が誕生した。

「モダニズム建築やアートミュージアムにフィットするような、美しい猫用遊戯家具がつくれないだろうか」という考えから、プロジェクトがスタート。猫のプライベート空間を確保しつつ、インテリアへ溶け込むオブジェとして機能するよう、プロダクトデザイナーの小宮山洋氏がデザインを手掛けた。

cat-tree_010
cat-tree_012

ルックスは縦へ伸びる国産天然木によって覆われ、丸棒と丸棒の間にある隙間が猫と人の気配をかすかにつなげ、一体感を演出している。本体外側の一部には回転軸が内蔵され、扉のように開閉も可能。お手入れも簡単なのが嬉しい。

台座には天然大理石を採用。これは玄関の床に寝そべって体温調節していた猫の姿からインスピレーションを受けたもの。ギリシャ東北のドラマ県で採掘される白色系の大理石で、白地にグレーの流れるような模様が入っている。

支柱には猫の爪とぎ用として麻縄を巻き付けている。創業100年以上の老舗による国産高級麻を採用。爪とぎは、猫にとって鋭い爪を維持するためやリラックス・ストレス軽減や気分転換、自分の縄張りをアピールする目的があり、欠かせない機能なのだ。

組み上げには、扱いが難しいとされる国産広葉樹を巧みに操る飛騨の職人が腕を振るう。彼らは1300年以上の歴史をもち、釘を一本も使わない高度な組木技術で、西洋から学んだ曲木技術を取り入れることで日本の家具産業を発展させてきた。

cat-tree_021
cat-tree_026

キャット・ツリーは、森林に新たな価値を創造する企業「飛騨の森でクマは踊る」が木材を選定し、猫と暮らす家具職人・伊藤雅章氏が組み上げを担当する。

木の文化である東洋と石の文化である西洋のふたつの文化的な融合を表現しつつ、優れたデザインと猫に優しい機能性をあわせ持ったいままでにないプロダクトだ。

Modern Cat Tree NEKO
サイズ|W628×D628×H1822mm
重量|約30kg
原産国|日本
素材|ギリシャ産大理石、国産広葉樹、Kvadrat製テキスタイル、国産麻、スチール
価格|100万円(税別)
保証|製品お届け日より1年間
※仕様および外観は、改善のため予告なく変更することがあります
※天然大理石のため色調、模様にばらつきがあります
※商品の納品は2018年3月上旬より順次出荷予定

問い合わせ先

RINN

0120-788-028

http://neko-cattree.jp/