新型カイエンに試乗|Porsche

新型カイエンに試乗|Porsche

Porsche Cayenne S

CAR IMPRESSION

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン

ウィークポイントが見当たらない (2)

プラグインハイブリッドとディーゼルは遅れて登場

今回発表された新型カイエンは3モデル。スタンダードの「カイエン」、高性能版の「カイエンS」、超高性能版の「カイエン ターボ」だ。

それぞれ違ったエンジンが搭載されている。カイエンには3リッターV6 ターボ、カイエンSには2.9リッターV6 ツインターボ、カイエン ターボには4リッター ツインターボだ。

全モデルに、「ティプトロニックS」8段AT(トルクコンバータータイプ)のトランスミッションが組み合わされ、4輪を駆動。

s_023_porsche_cayenne
s_029_porsche_cayennePorsche Cayenne S

「2代目から大きく進化させたプラグインハイブリッドモデルと2代目に設定されていたディーゼルの進化版が今後、追加されます」

開発エンジニア氏は、今後のラインナップ拡充の予定を認めていた。

クレタ島の一般道に新型カイエンで走り出してみると、スポーティな運転感覚が研ぎ澄まされていることがすぐに分かった。フルモデルチェンジに際して非常に多くの改変が盛り込まれたカイエンだが、“カイエンらしさ”をすぐに体感できた。

s_031_porsche_cayenne

Porsche Cayenne S

s_032_porsche_cayenne

Porsche Cayenne

カッチリとした剛性感たっぷりのシャシーに、引き締められたサスペンションの組み合わせはスポーツカーを運転しているようだ。ステアリングホイールの手応えもシャープかつ精妙で、大きなSUVボディを正確に導いていく。

前後でサイズの異なるサイズのタイヤを装着していたり、4WS(4輪操舵)を標準装備している効能が明確に現れている。先代以上にシャシーやボディにアルミ材を多用して軽量化したことも効いているだろう。運転操作を受けたクルマの動きにあいまいなところがない。