レクサスのフラッグシップクロスオーバーコンセプトをデトロイトで初披露|Lexus

レクサスのフラッグシップクロスオーバーコンセプトをデトロイトで初披露|Lexus

CAR NEWS

Lexus LF-1 Limitless|レクサス LF-1 リミットレス

フラッグシップクロスオーバーコンセプトをデトロイトで初披露

レクサスは現地時間1月14日(月)に開幕したデトロイトモーターショーで、フラグシップクロスオーバーのコンセプトモデル「LF-1リミットレス」を初披露した。

Text by YANAKA Tomomi

ロングノーズかつ、低重心なスタイリング

これまでシルエットのみしか発表されていなかった「LF-1リミットレス」の全貌がデトロイトモーターショーで明らかになった。

「LF-1リミットレス」はレクサスのフラッグシップクロスオーバーとして発表されたコンセプトモデル。全長5,014×全幅1,986×全高1,605mmで、長いノーズと後方に構えたキャビン、低重心のスタイリングが特徴だ。

s_004_lexus_fl1
s_010_lexus_fl1

インテリアは、最先端のインターフェイスと2,974mmというロングホイールベースなどがもたらすくつろぎの空間を融合。前席では、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作をおこなうモーションコントローラーや直感的なディスプレイなどを採用。さらに、シフトレバーをなくし、ステアリング上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約したほか、スイッチ類も少ないシンプルなコックピットをつくりだした。

後席は開放的なレッグスペースにくわえ、リアシートエンターテインメントシステムや快適機能などをマルチオペレーションパネルで一括して操作できるという。

s_011_lexus_fl1
s_012_lexus_fl1

レクサスでは2025年までにすべてのモデルでEVやPHEVなど、電動専用車や電動グレード設定車をラインナップすることを見据えており、「LF-1リミットレス」でもガソリンエンジンやハイブリッドにくわえ、プラグインハイブリッドや電気、燃料電池を含めたパワートレーンの搭載が想定されている。

このほかにも、レクサスによる自動運転技術の提案として、目的地までの運転操作を車両側が担うショーファーモードを搭載。またナビゲーションに時間の概念を導入し、車両や交通の状況に応じた判断により、休憩やレストランの提案、ホテルの予約などをおこなう4Dナビゲーションシステムなど、先端技術も想定されている。

 

080507_eac_spec
レクサス LF-1 リミットレス
ボディサイズ|全長 5,014 × 全幅 1,986 × 全高 1,605 mm
ホイールベース|2,974 mm