メルセデス「GLC」「GLCクーペ」に初の「63」シリーズを投入|Mercedes-Benz

メルセデス「GLC」「GLCクーペ」に初の「63」シリーズを投入|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏(左)とシュテルン世田谷代表取締役社長の板東徹行氏

CAR NEWS

Mercedes-AMG GLC 63|メルセデスAMG GLC 63

Mercedes-AMG GLC 63 Coupe|メルセデスAMG GLC 63

メルセデス GLC、GLCクーペに初の63シリーズを投入

メルセデス・ベンツ日本は「GLC」と「GLCクーペ」にミドルサイズSUVで初めての「63」シリーズとなる「AMG GLC 63 4MATIC+」、「AMG GLC 63 S 4MATIC+」を追加投入した。価格は1,247万円からで、納車は2018年6月頃を予定している。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

セグメント最速の加速性能

ベースモデルとなるメルセデス・ベンツ「GLC」は2015年2月に発表された、「Cクラス」と同様の装備を持つミドルサイズSUV。日本の道路事情や駐車場にフィットしたサイズ感などから、発売以来ユーザーから高い評価を得ているという。一方の「GLCクーペ」は、このGLCをベースにクーペライクなデザインを取り入れることで、スタイリッシュでスポーティなエクステリアに、ゴルフバッグが3セット積載できるラゲッジスペースを兼ね備えたクロスオーバーモデルだ。

そのGLCファミリーをベースにAMGがエンジニアリングを手掛けたのが、今回のメルセデスAMG「GLC 63」「GLC 63クーペ」。最大の特徴は、パワートレインにある。エンジンは、メルセデスAMG「GT」と基本設計を共通とする自社開発の4リッターV8直噴ツインターボ エンジン(M117)を搭載。砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウム クランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現している。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスも低減している。

s_009_,mb_glc63s
s_014_,mb_glc63s

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの内側に配置するホットインサイドVレイアウトを採用。また、ツインスクロール化によりターボラグを低減させ、レスポンスを向上させている。

これらの結果、メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+、同クーペは、最高出力510ps、最大トルク700Nmを発揮。0-100km/h加速 3.8秒を実現している。また、メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+、同クーペは、最高出力476ps、最大トルク650Nmを発生し、0-100km/h加速は4.0秒となる。