中村獅童がゴルフR ヴァリアントで繰り広げるUnexpectedな旅|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

ゴルフR ヴァリアントの意外性に、男心をくすぐられた

無類のクルマ好きとして知られる歌舞伎役者の中村獅童さんが、弊誌編集大魔王・祐真朋樹を相棒に、Unexpectedをテーマとするショートトリップを楽しむ。今回は、昨年秋にOPENERSで公開した記事の続編。舞台を長野県から四国に移し、クルマをアルテオンからゴルフR ヴァリアントに乗りかえて、Unexpectedな旅を繰り広げた。

記事の最後にプレゼントキャンペーンがございます。

Styling by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiHair by TSUKUI Hiro (Perle Management)Hair and Make-up by TABUCHI Masato (marr)Coordination by ANTIL, Inc.Short Movie by National Geographic TVText by YAMAGUCHI Koichi
衣装協力 GUCCI JAPAN、TOMFORD JAPAN, JOHN SMEDLEY

フォルクスワーゲン車中、最強のパフォーマンス

四国北東部に位置する、徳島県の政治経済、文化の中心都市、徳島市。息白い朝の街角に、端正なデザインの真新しいワゴンがあらわれ、路肩に停車した。

ドライバーズシートにおさまるのは、歌舞伎役者の中村獅童さん。そして、彼がステアリングを握るのは、フォルクスワーゲン「ゴルフR ヴァリアント」。フラッグシップモデルのアルテオンと同じ2リッターTSIエンジンを搭載し、フォルクスワーゲンにおいて最もハイパフォーマンスを誇る「ゴルフR」のワゴン版だ。ちなみに最高出力は、アルテオンの280psを上回る310psを発揮する。

世界トップレベルの安全技術「フォルクスワーゲン オールイン・セーフティ」や、タッチスクリーンに触れることなく画面操作ができるジェスチャーコントロールなど、数々の最新装備も与えられた、もっともハイグレードなゴルフともいえる。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント
Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

「お待たせ!」。ほどなくして、トランクを手にした祐真があらわれると、獅童さんはドライバーズシートから降り立ち、笑顔で迎えた。「どうも、久しぶりです。今日はこのゴルフR ヴァリアントで出かけたいと思います」。

昨年秋、獅童さんが祐真を誘い、日本に上陸したばかりのフォルクスワーゲン「アルテオン」で、「Unexpected(予想外、意外)」をテーマとするショートトリップに出かけたのはOPENERSで既報の通り。今回は、舞台を四国に移して、再び意外性に満ちた旅を楽しもうと、獅童さんが祐真に声をかけたのだ。

「スポーティですね」と、ゴルフR ヴァリアントの第一印象を語る祐真。車高が10mm低められ、専用フロント&リアバンパーやリアスポイラーが与えられるなど、細かく観察すれば、控えめながら、確かに特別なモデルであることを主張している。

「フロントグリルがブラックのせいか、顔つきもちょっと男っぽいですね。実際このクルマ、かなり速いらしいです。ワゴンだから、荷物もたくさん積めますし。じゃ、さっそく出発しましょう!」。獅童さんがそう応えると、二人は車内へ。こうして、ゴルフR ヴァリアントを相棒に迎えての新しい旅が幕を開けた。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント
Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

二人を乗せたゴルフR ヴァリアントは、徳島市から国道55号線を伝って一路南下。市街地はちょうど朝の通勤時間帯でかなりの交通量だが、獅童さんは非常にリラックスした面持ちでゴルフR ヴァリアントを走らせている。フォルクスワーゲンにおける最強モデルといえども、運転のしやすさや使い勝手は、まさにゴルフそのものなのだ。

渋滞の市街地を抜けると、いつしか道は起伏に富んだワインディングロードへ。左手には、断崖絶壁の美しい海岸線と、雄大な太平洋が広がる。徳島県南部の美波町から牟岐町の海岸沿いを17kmにわたって結ぶ、南阿波サンラインだ。高さ200メートルの絶壁が2kmも連なる、千羽海崖が訪れる者の目を奪う。

「絶景ですね」。陽光を受けてきらきらと輝く太平洋と群青の空を目にして、思わず声を上げる祐真。「素晴らしい眺めですね。では、行きますよ!」と獅童さんが応じる。

市街地でのスローなクルマの流れに、パフォーマンスを持て余していたゴルフR ヴァリアントは、ドゥロロロロというやや低めの心地いいエギゾーストノートを轟かせて、弾かれたかのようにペースを上げていく。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント
Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

前述したとおりゴルフR ヴァリアントは、フォルクスワーゲン最強の最高出力310psを絞り出す2リッターTSIエンジンを搭載。さらに、走行状況に応じて常に理想的なトルク配分を行うフルタイム4WDシステム「4モーション」と、変速スピード0.03~0.04秒を誇るダブルクラッチ式トランスミッション7段DSGを備え、ゴルフワゴンのスペースユーティリティや使い勝手はそのままに、スポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮する。同クラスのステーションワゴンを見わたしてもライバルが見当たらない、異色のモデルだ。趣味のギアを満載し、ハイウェイやカントリーロードを駆け抜け、国境の先のリゾートへ。そんなヨーロッパのマチュアな大人たちのニーズに応えるクルマなのだ。

ゴルフR ヴァリアントでは「エコ」「ノーマル」「コンフォート」「カスタム」、そしてゴルフR専用に開発された「レース」という5つの走行モードを、センターコンソールのタッチスクリーンでセレクトできる。例えば「レース」モードを選択すると、ダンパーの減衰力が高められ、エンジンレスポンスがシャープになり、シフトポイントもパワーゾーンを維持するなど、よりスポーティな走りを楽しめるように設定が変更される。獅童さんは、「レース」モードをセレクトし、楽しげにゴルフR ヴァリアントを繰っている。

Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント
Volkswagen Golf R Variant|フォルクスワーゲン ゴルフR ヴァリアント

獅童 「すごいパワーですね。エンジンの音も刺激的で、こんなにスポーティなクルマだとは思いませんでした」

祐真 「ワゴンなのに走ると速い。とても意外性のあるクルマなんですね。ところで今回は、どこへ行くんですか?」

獅童 「僕、ここ何年か趣味でサーフィンをやっているんです。で、徳島に素敵なサーフボードのファクトリーがあって、今日はそこで板をつくってみようかと思っています。こだわりの1枚を」