「ライバルはキティちゃん」と思ってました(笑)|MEDICOM TOY

MEDICOM TOY|「ライバルはキティちゃん」と思ってました(笑)

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

MEDICOM TOY|メディコム・トイ

写真家・映像監督の蜷川実花さんに聞く(1)

蜷川実花さんがメディコム・トイとはじめてコラボレートしたのが、2011年。それ以来、計4体のBE@RBRICKに加え、2017年12月にはテクスチャーにフォトプリントを載せたファブリックアイテムの展開もスタートした。そんな蜷川さんが切り取るメディコム・トイとは? 多忙極まるスケジュールのなか、インタビューを快諾していただいた実花さんの本心に迫まった。

Text by SHINNNO Kunihiko

ファーストコラボは、2011年12月リリースのBE@RBRICK

――中国・上海で「蜷川実花展」(会期:2017年11月11日〜2018年1月10日)が開催中ですが、オープニングセレモニーも大盛況だったそうですね。

蜷川 いままでで一番大きな規模の個展なので結構ハードだったんですけど、あれもやってみたい、これもやってみたいということを実現することができたのでよかったです。

スペースがあればあるだけ派手にして詰め込みたくなるのですが、それができるぐらいお金をかけられる機会が、日本だとなかなかないので。中国だからできないこともある一方で、中国だからこそできることもたくさんあって面白い幕開けになったと思います。

――会場の雰囲気はいかがでした?

蜷川 日本だと女の子が多いですけど、男女比が半々ぐらいで、しかも若い人たちばかりでした。

中国のスタッフは皆さん若いし、決定権がある人も若いんです。おじさんたちはどこにいるんだろうと思うくらい。そういう若い人たちが私のクリエイションを好きでいてくれているんだと思います。

個展会場でトークイベントをしたとき、客席に私のBE@RBRICKを3体も持ってアピールしている男の子がいたんです。しかも、1体は6年前に初めて作った白いボディのモデルで。日本で買うのも結構大変だったのに、いったいどうやって手に入れてくれたんだろうと思って嬉しかったです。

――2011年12月に開催された「BE@RBRICK WORLD WIDE TOUR 2」記念限定モデルですね。

蜷川 もともとBE@RBRICKファンで、私の写真も好きでいてくれてるんだと思うんですが、さすがに3体も持っている人には会ったことない(笑)。しかも、中国であの白いモデルを持っている子は相当珍しいと思います。なので、基本的にサインはお断りしていたんですけど、その子のBE@RBRICKには思わずサインしちゃいました。

――あのBE@RBRICKから蜷川さんとメディコム・トイのコラボレーションが始まりましたが、それ以前からメディコム・トイのことはご存知でしたか?

蜷川 もちろん知ってましたし、父(故・蜷川幸雄氏)がBE@RBRICKをいっぱい持っていたんです。父はちっちゃいものが好きで。マグリットとかボッシュとか絵画のフィギュアをいっぱい持っていて、BE@RBRICKもいくつか飾っていたんです。よくシアターコクーンで公演をしていたので、その合間にお店(メディコム・トイ直営店「1/6計画」)に寄っていたみたいです。近いから。

――これまでフィギュアをコレクションされたことはありますか?

蜷川 大学生のとき『スポーン』が大好きで集めてました。

私、女の子とイケメンのキャラクターが出るたびに買って、取り出して遊んでいたんです。でも、あれって、みんな開けないじゃないですか? 私は全部開けて遊びまくっていたから、集めている男の子たちが「あいつんちのは開いてるらしい」ってことで、しょっちゅううちに遊びに来ては「ちょっと見せてもらっていい? やべー、ここ、こうなっているんだ!」って(笑)。

――当時、コレクターはみんな透明なブリスターのまま壁に飾っていましたね。

蜷川 その状態もおしゃれでかわいかったから、裏側だけ切って出入り自由な感じにしてました(笑)。集めているものはいろいろありますけど、男性みたいに全部完璧には揃えないですね。たとえば全12種でも、かわいいもの9個だけでいい。そこが男性とは違う。この部分の色が違うのが激レアだから何万円とか言われても、全然普通のでいいですって(笑)。

Page02. 撮ったものをどう見せるか。そして写真が立体物を飾るまで