時間を慈しむ。大人のリゾートに生まれ変わったSheraton Grande Ocean Resort|TRAVEL

TRAVEL|時間を慈しむ。大人のリゾートに生まれ変わったSheraton Grande Ocean Resort

SMART TRAVELER

TRAVEL|安・近・短、かつ外資ホテルの高品位な空間を楽しめる

ホテルバーとグランピングを一夜にして満喫。
東京から1時間30分のフライトで切り替わる別世界(1)

宮崎シーガイアって、ゴルフリゾートだと思っているヒト、多くないですか? じつは私もその一人でした。だって、あのインターナショナルツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の開催地だし。実際に、ホテルにはゴルフコースがふたつも併設されてるわけなんだし。まぁ、たしかにゴルファーにとっての夢の地ではあるわけですが、ところが2017年10月に完了したホテルのフルリノベーションに伴い、首都圏からわずか1時間30分で到着できる高品位な大人のリゾートとしての側面がプッシュされてきてるんです。というわけで今回は、いまホットなデスティネーションとして生まれ変わった「フェニックス・シーガイア・リゾート」のフラッグシップホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」にスポットを当てていきます。

Photographs by SUZUKI TakuyaText by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

新しく“離れ”に作られたメインバー「KUROBAR」

というわけで、新生シーガイアのアクティビティとしてお勧めするのは、ずばり“ホテルバー巡り”です。

バーは大人の佇まいを身につける場所でありますが、もう大人として熟しちゃったヒトには必要ない、なんてことはありません。俗世から一時離れ、時間をかけて今一度、自身を見つめ直すのです。そのきっかけになるのが、ゆったりと時が流れるバー空間に身を置くこと。時には他人の行動をそれとなく観察するのもいいかもしれません。翻って、自分がどう見えているか、鏡の役割をしてくれるはずです。バーとは、大人の社交場。他人に迷惑をかけないように、そのシンプルなルールさえ守っていれば、誰にも文句は言われません。

「KUROBAR」は、2017年10月に完成しました。ホテルバーなのに、離れです。できたてホヤホヤで、建材の木の香りがいまだ仄かに漂います。しかもメインバーなのに、雰囲気バッチリなのに、宿泊者限定。

加えてホテルバーとは思えない良心価格。街ナカのバーとほぼ変わらない設定です。ここは量飲むぞ派には、たまらないメリット。品揃えもメインバーらしく、JWブルーラベルを筆頭に良質なラベルが棚に並んでいます。また昨今流行りのクラフトジンもフォローされ、そんなクラフトジンを使用した季節のジン・トニックなども出していただけます。

02_DSF8299

03
04
05

KUROBAR
天井までガラス張りとした開放感! 窓から眺めるライトアップされたガーデンエリアがまるで異国の様相。これもまた酒の肴となる。営業時間18:00〜23:00(LO22:45)、〜24:00(LO23:45)※金・土曜 座席数40席

お客が宿泊者限定ということは、バーの雰囲気もとても落ち着いているということです。ここでは客室同様に、ゆったり、好き勝手に自分の時間を楽しめます。そしてテイクアウトメニューも充実。「KUROBAR」の外は、「焚火のリビング」が設えられ、飲み物を持ち込んで、外気を楽しむことも可能。気分は、グランピングです。このエリアも宿泊者専用となっていて、朝や午後にはマシュマロやコーヒーの無料サービスも用意されています。リゾート気分をぐっと高めてくれるエリアなんですね。

06
07

黒松の林に囲まれた「焚火のリビング」、その奥に見えるのが「KUROBAR」。江戸時代に防風林として植えられた黒松が立派に育ち、宮崎シーガイアの一帯を埋め尽くしています。ホテルを除き、付近に高い建物はなく、黒松と月が光と影の見事なカラーコントラストを生み出します。

喧騒を求めて、2軒目。カクテルラウンジ「パシフィカ」へ

このスペースは、むしろかつての宮崎シーガイアとしての色が残る場所です。ホテルエントランスの吹き抜けに設えられた、南国気分のバー。中央には水槽が設けられ、熱帯のサカナたちが優雅に泳いでいます。このバーは唯一、宿泊客以外も利用できる場所。それゆえ、食事を終えた地元の皆さんもこちらでくつろいだ時間を過ごされています。

08

09
10

PACIFICA
ザッツ・リゾート! なムードで、異国気分を味わって。営業時間16:00〜22:45(日〜木)、16:00〜23:45(金・土)、12:00〜23:45(土・祝前日)、12:00〜22:45(日・祝日) 下左/バーテンダーの則松さん。注文で忙しいなかでも、笑顔を絶やさず。下右/カクテルタイムと生演奏、こちらもテッパンの組み合わせ。

毎週火曜日以外は、夜10時45分までピアノとボーカルの生演奏が入ります。取材時はポルトガルから来日しているふたり組のアーティストが、演奏を担当しています。ちなみに、ピアノを弾いている男性の方が、映画「ラ・ラ・ランド」に登場する俳優ライアン・リングに少しだけ似ていますが、どうでしょう? まだ日本人好みのレパートリーが少ないそうですが、唄のリクエストも受け付けています。いわゆる外資系ホテルの王道とも言うべき、賑やかな雰囲気。「KUROBAR」との対比を楽しんで、いよいよ、今宵最後の楽園へ。

Page02. そして、行き着く3軒目「さけのみや」