祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.31 篠山紀信さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.31 篠山紀信さん

祐真朋樹対談

Page. 1

今回のゲストは、写真界の巨匠・篠山紀信さん。雑誌の連載や写真集の撮影でご一緒するたびに、その視点の斬新さはもちろん、新しいことにも果敢に挑戦する姿勢に感服しっぱなしという編集大魔王。この日は先生のアトリエを訪ね、新作の背景と次回作への意欲をうかがいます。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by SATO YukiText by HATAKEYAMA Satoko

館シリーズ最新作『処女(イノセンス)の館』とは!?

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 昨年末から今年にかけて原美術館で展示された『快楽の館』から始まり、春に写真展が催された『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』、そして今回アサヒカメラ新年号に掲載される新作の『処女の館』。僕はラッキーなことにそれらすべての撮影にご一緒させていただいたわけですが、先生のお仕事ぶりを拝見して、『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』でいったん館シリーズは終わるのかな、と思っていました。でも、さらに新しく斬新な切り口で作品をお撮りになった。その原動力になったものは何だったんでしょうか。

篠山紀信(以下、篠山) まぁ、撮り続けていると次から次へと才能が溢れ出てきちゃってね(笑)。というのは冗談にしても、僕はひとつのテーマを撮り終えるとすぐに「じゃあ次は何なの?」と思う質なんです。次に撮りたいものが自然と湧き出て、その思いのままに撮っていると作品ができあがっている。こんどの『処女の館』はアサヒカメラ新年号で表紙のほかにグラビア32ページほどを掲載していて、『快楽の館』『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』とは連作のような体になっています。

s_005_interview_shinoyama

祐真 『快楽の館』は躍動的な印象がありましたが、『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』や『処女の館』はしっとりとした美しさを感じますね。

篠山 『快楽の館』は、原美術館という歴史のある特別な館に現れる不思議な女性たちを撮り、彼女たちが現れた場所に写真を飾るという入れ子状のものでした。しかも、前回のアサヒカメラ新年号では『快楽の館2』として、その女性たちが再びあの館に現れて何かをするという入れ子の入れ子という体裁になりました。そういう展開が面白いなと思っていたところに、「ラブドールを撮りませんか」というお話をいただいたんです。

祐真 なるほど。そういう流れだったんですね。

篠山 僕はそもそもラブドール愛好家ではありません。生きている女の子の方が断然好き。ただ、昔はダッチワイフと呼ばれた性具であるラブドールが、ここ数十年の間でものすごく進化していて、テクノロジーにおいても日本が最も進んでいる。しかも、ラブドールは限りなく人間に近づけるように作るわけで、じゃあ人間と同じように撮ったらどうなのか、さらに、人間の女の子をそばに置いて、ともにヌードにして撮ったらどうなるのかという興味が湧いてきたんです。だから性具としてラブドールを愛する人たち、いわゆる「ドーラー」とは一線を画しているんです。

s_008_interview_shinoyama

祐真 僕も撮影で初めてラブドールを目にして、その質感や精巧さに驚きました。それに、かなり高価なものでもありますよね。

篠山 僕は将来的にこういった美しく完成されたドールが人工知能を搭載されて進化していくと、人間の能力を超えていくことが本当にありえると思っています。SFの世界ではドールが人間よりも優秀になって、最終的にはドールがイニシアチブを取る世界が来るというストーリーもたくさんあります。

けれど、僕の切り口はそこまでSFチックなものではなく、人間とドールが一緒に生活をしたりセックスをしたりする世界が、すぐにでも到来するんじゃないかという部分。今まで自分たちが生活していた世界とは違う、新しい世界が拓けるとも思っています。『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』はラブドールと人間のミックスでしたけど、『処女の館』はラブドールと人間にマネキンをプラスしています。3つが一体化して、誰が生身の人間か分からなくなるという世界。今は僕が作ったフィクションですけれど、この世界がどこにあるのか、近過去なのか未来なのか、この人たちは死者なのか生者なのか、ここでは一切わからない。それらが混じった不思議で官能的な世界を作りたいと思って撮ったのが、この『処女の館』なんです。

祐真 今回は新しくマネキンが加わりましたけれど、先生が「マネキンもイケる」と思われたきっかけは何だったんですか。

篠山 マネキンとモデルを一緒に撮っている写真家はこれまでにも何人かいるんです。ヘルムート・ニュートンはファッションモデルと一緒に撮っているし、ベルナール・フォコンは古い子どものマネキンを集めて撮った名作がある。でも、ニュートンの作品ではマネキンはモノとして存在して、そこに人間が絡んでいる。僕の作品は「マネキンもラブドールも人間と一緒に生きているんじゃないか」という作り方です。むしろ人間の方が能力として劣っているなんじゃないかという見方もできるんです。近未来にはそういう不思議な世界が存在するんじゃないかという思いが、フツフツと湧いてきたわけです。才能が溢れ出ちゃったわけですね(笑)。

祐真 現代の人間に対する一種の問いかけにもなっているわけですね。ところで、この今回の作品を撮った館ですが、先生としては最初からああいうデカダンスな場所でというイメージがあったんでしょうか。

篠山 フィクションの世界ですから、我々が日々生活しているリアルな雰囲気が感じられない場所だったらどこでもよかったんです。たまたま田舎の山の中にいい場所があったので、そこでなおさらイメージがばーっと膨らんだとうわけです。

よく「場所はどこですか?」と聞かれるんですが、それはあえてお答えしない方が面白い。見ている方にいろいろな想像をしてもらうのがこの作品のテーマでもありますから。

モデルやマネキンやドールが持っている個性を念頭に置いて、人間は限りなく人形のように、人形は限りなく人間のように。また、生気にあふれている人は限りなく死者に近いようにというイメージがミックスされているんです。

だからますます、この世なのか、あの世なのかがわからなくなる。ある意味、夢の世界です。彼女たちを「処女(イノセンス)」としたのも、人間が持つ生々しいエロスやセクシャリティが出てこないほうがいいかなと思ったから。もっと高い次元で昇華されたエロスなんです。

s_lovedoll_002

「LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN」
© Kishin Shinoyama

祐真 先生はモデル、ラブドール、マネキン、その全てをご自分で厳選されていて、特にマネキンは相当こだわっていらっしゃいました。ということは、マネキンを選ぶ段階で、それらの思いがあったというわけですか。

篠山 実は今、人間をリアルに再現したマネキンというのはすごく少ないんです。マネキンの表情が限定されると服が似合わなくなってきますから、抽象化されたものが多い。アサヒカメラの新年号の特集の最後に載った僕の文章に「不気味の谷を越えたのかな」というフレーズがあります。不気味の谷とは、1970年代にロボット工学の科学者が言い始めた言葉で、ロボットや人工生命が人間に限りなく近づいてくると、最初は可愛いと思うけれど、ある点を超えると不気味に感じるという理論です。さらに実物と見分けがつかなくなるほど精巧になると、逆に好印象に転じる。その人間の感情をグラフにすると谷のようになるので「不気味の谷」と言うらしく、ネットではよく知られた言葉です。僕もドールやマネキンを人間に近づけていくけれど、ある点よりも人間に近くなったらどうなっていくのかなという興味はあります。それらがどんどん精巧になっていった時に我々はどう感じるのか。興味深いですよね。

s_006_interview_shinoyama

祐真 確かに不思議な感覚になりそうです。そういえば『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』写真集の帯にも「想像を超えた美の存在に遭遇した時、僕は近未来の迷宮にいるような不安を感じる」と書いていらっしゃいました。

篠山 心の不安とか動揺は、モノを作るときに莫大なエネルギーになるんです。祐真さんと撮影でお会いする時はいつも能天気で調子のいい写真家を演じていますが、実は非常に思慮深くナイーブな写真家なんですよ(笑)

祐真 すいません、こんな僕に合わせていただいて。本当にありがとうございます、勉強になります(笑)。

Page02. 今の時代は今のカメラで取るのがいちばんいい!

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …