調香師への敬慕から生まれた新しいフレグランス|TRUDON

調香師への敬慕から生まれた新しいフレグランス|TRUDON

BEAUTY FEATURES

TRUDON|トゥルドン

クリエイティブディレクター、ジュリアン・プリュボ氏インタビュー

調香師への敬慕から生まれた新しいフレグランス

パリの老舗キャンドルメーカー「CIRE TRUDON(シール トゥルドン)」が、パフュームライン「TRUDON(トゥルドン)」を発表した。シール トゥルドンは1643年の創設より、ルイ15世やナポレオン・ボナパルトをはじめ王室や皇室のためのキャンドルを代々手がけてきたメゾンだが、なぜ今フレグランスを生み出したのか。そのストーリーを、クリエイティブディレクターのジュリアン・プリュボ氏にたずねた。

Photographs by TANAKA TsutomuText by AYANA

ジュリアン流、特殊な香水の作り方

キャンドルというライフスタイルを彩るものから、フレグランスという、よりパーソナルで崇高なステージへ。この流れは、ブランドとして自然な進化だったという。「私たちはフランス最古のキャンドルメーカーですが、フレグランスキャンドルを作るようになったのはここ10年のことでした」。とジュリアンは語る。

「しかし歴史を紐解いてみると、実は18世紀にも香りをつけたキャンドルや、香水を作っていたことがわかりました。また、トゥルドンの家系には香り高いスパイスを扱う者たちもいたようです。そんな歴史的背景を知ったことが、新たにフレグランスを作るきっかけとなりました」

s_003_CIRE_TRUDON
s_005_CIRE_TRUDON

フレグランスキャンドルを開発するにあたり、優れた調香師たちと仕事をするようになったのも、今回のフレグランスを作る大きなきっかけとなったようだ。ジュリアンは、調香師たちの感性を引き出すユニークな方法を思いついた。

「香りを依頼するにあたって、まず物語を作りました。それをただ紙に書いて渡すのではなく、調香師たちに物語とリンクするような体験をしてもらったのです。ギャラリーや博物館など特定の場所に連れていき、光や音楽などの演出でその世界に浸ってリラックスしてもらい、そこから物語を聞いてもらう……という風に。45分ほどのアトラクションが、彼らのイマジネーションを刺激するのです。ちょっとした心理療法のようでしょう?(笑)」

s_006_CIRE_TRUDON
s_007_CIRE_TRUDON

嗅覚は、人間が有する感覚のなかでももっとも原始的なものと言われる。香りが古い記憶を呼び起こしたり、特定な感情を引き出すのはそのためだ。受け取る側だけでなく生み出す側にとっても、香りは非常に感覚的なものであるはずだ。

「調香師がどれだけ自由に感覚を解放できるか。それがフレグランスの良し悪しを決めると思います。僕は物語という枠組みを与えるだけ。だからこそ、提示の仕方にはこだわりました。幸い彼らはとても喜んでくれましたよ。会うたびに『ジュリアン、次の新しい体験はまだ?』と訊かれるくらいです(笑)」

Page 02.5つの香りに潜む物語