Panasonic|話題の<パナソニック 衣類スチーマー>をプロ視点で検証する。

Panasonic|話題の<パナソニック 衣類スチーマー>をプロ視点で検証する。

DESIGN FEATURES

Panasonic|パナソニック

スタイリスト 川合康太氏に聞く、
パナソニックスチーマーの利点(2)

スタイリストが教えるパナソニック 衣類スチーマー術

「立ち上がり約24秒」という驚異的な早さと本体の軽さで、手軽にシワやニオイ取りの作業に入れるパナソニック 衣類スチーマー NI-FS530。衣類スチーマーを巧みに使い、シワを取るプロフェッショナルといえばファッションスタイリストだ。時間が制限された撮影現場で、本機を使用しているプロのスタイリストも多いという。

そこで、ファッション雑誌など中心に活躍されている川合康太氏に、忙しいビジネスマンでも手軽かつ効率的にシワをとるためのワンポイント衣類スチーマー術を教えてもらった。

s_013_panasonic_steam
s_015_panasonic_steam

まずは、仕事でも使用することがあるというパナソニック 衣類スチーマーの魅力を伺った。

「軽くて、立ち上がりが早いのが魅力的ですね。使いたいタイミングで、手軽に使えるのが嬉しい」。スピード感が求められる現場では、立ち上がりの速さは必須な条件だといえる。

スタイリストの現場同様にビジネスマンの朝は忙しい。ベストは寝る前にスチームをかけておくことだが、出勤直前の着替えるときに見つけてしまった衣類のケアこそ、立ち上がりが早くて、ハンガーにかけたまま使える衣類スチーマーが役に立つ。

衣類スチーマー術をポイント指導

衣類スチーマーの基本ポイントがわかれば、貴重な時間もより有効活用できるはず。パナソニック 衣類スチーマーを使って、ビジネスマンの勝負服ともいえる3つの服で使用する際のポイントを教えてもらった。

シャツ:誘発シワに要注意

Panasonic|衣類スチーマー NI-FS530

トップスの場合、衣類スチーマーを上から下に滑らせるのが基本。シャツは、スチームを当ててシワを無くし、アイロン面でシャツの面をキリッと整えることが重要だという。

「ミトンと衣類スチーマーで、服を挟み、軽く下に服を伸ばしながら滑らすとシャツの面に対して、均等にアイロン面を当てられるので、綺麗な仕上がりになります」。

綺麗に仕上げることも大事だが、当てる時の注意ポイントも一緒に教えて頂いた。

「ミトンを使用して衣類スチーマーをかけている時は、全てのボタンを留めた状態で行わないこと。ボタンを留めた状態で、シャツの下から腕を入れ込むと、上腕部分がシャツに当たって、気がつかないうちに見えない部分がシワになりがちです。第一、第二ボタンだけ留めて、横からミトンをつけた腕を入れることで二度手間を減らします」。

ミトンを使用する時には特に気をつけたいポイントだ。

トラウザーズ:折り目は、滑らせるのではなく押さえ込む

Panasonic|衣類スチーマー NI-FS530

パナソニック 衣類スチーマーは、アイロン面がフラットなのが特徴。

この面を使い、厚手のトラウザーズも整えることができる。この時の衣類スチーマーの使い方は、滑らせるのではなく、アイロン面で押さえ込む。

「トラウザーズがずれないように1本ずつ整えてから、丁寧にアイロン面をあてることで、仕上がりが変わります。

アイロン面を使用している時は生地の重なりやズレで、変なシワがついてしまうため要注意。手のひらで、ボトムスの面のシワを伸ばしながら、アイロン面を押し付けてトラウザーズを整えましょう。テカリが気になる場合には、あて布を使うといいですね」。

空いた手で、しっかりとトラウザーズの面を伸ばしながら川合さんは、教えてくれた。ここでもシャツ同様、スチームを当てている時には、他の箇所にシワが発生しやすいので注意したい。あてた後もスチームが抜けるまで数時間おいておくことが正解のようだ。

コート:強力スチームで真冬のコートに立体感を出す

Panasonic|衣類スチーマー NI-FS530

シーズン中は、クリーニングに中々出せない厚手のコート。しかし、パナソニック 衣類スチーマーを使えば、着続けているコートもケアすることができる。

「衣類スチーマーは、素材の風合いを出す時に使用したい道具です。スチームを表面に当てて起毛させることで立体感を生みます。アウターに衣類スチーマーを使う時は、アイロン面を当てないのがポイント。生地が潰れてしまうので注意して下さい。

アウターの他にもセーターやカーディガンなどのニット素材の服も立体感が出ます」。

アイロン面を浮かした状態で強力スチームを当てることで、ずっと着て褪せていた風合いが蘇る。それに合わせてパナソニック 衣類スチーマーには、服についたニオイをケアすることが出来るのだ。会合で付いた飲食臭やたばこ臭、汗や防虫剤の意ニオイなど、なかなかクリーニングに出せないアウターのケアに最適だ。

シンプルかつスタイリッシュなデザインで、写真のダークブルーの他にピンクゴールド調のカラーリングもあるのでキャリアウーマンにも是非おすすめしたい一品だ。

prof_02

スタイリスト 川合康太氏
祐真朋樹氏のアシスタントを約5年間つとめ、2014年にフリーランスのスタイリストとして独立。ファッション雑誌など中心に活動をしている。


Panasonic|衣類スチーマー NI-FS530

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS530
電源:100V(50-60Hz共用)
消費電力:950W
外形寸法:本体 約幅7×高さ15×長さ15cm
質量:本体 約700g
電源コードの長さ:約2.5m

アイロン面
ベース種類:フラットベース
素材:セラミックコート
スチーム穴の数:6穴

機能
立ち上がり時間:約24秒
スチーム:連続・パワフルスチーム / ワイドスチーム / 360°スチーム
スチーム噴出し時間:連続約4分
スチーム量:平均約11g/分
注水量:約50ml
自動ヒーターオフ機能付き

付属品
スタンド, 専用カップ

問い合わせ先

http://panasonic.jp/iron/steamer/ni_fs530.html