ジャガーXFにワゴンタイプの「XFスポーツブレイク」追加|Jaguar

ジャガーXFにワゴンタイプの「XFスポーツブレイク」追加|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar XF SportBrake|ジャガーXFスポーツブレイク
Jaguar XF|ジャガー XF

ジャガーXFにワゴンタイプの「XFスポーツブレイク」追加

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはジャガー「XF」の2018年モデルの受注を開始。このイヤーモデルから、セダンに加えスポーツブレイクが導入された。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

テニスボール6,500個入る荷室容量

ジャガーのミッドサイズサルーン「XF」が2018年モデルにアップデートされた。これに合わせ、ワゴンタイプの「XFスポーツブレイク」も国内初導入される。

XFスポーツブレイクのデザインは、なめらかなルーフラインと、それを強調するためにフロントからリアエンドに向けてエッジを利かせたキャラクターラインにより、スポーティな印象を醸し出している。また、テールランプは他のジャガー同様半円状のものが採用されたスタイリッシュなワゴンに仕上がられている。

Jaguar XF Sportbrake|ジャガー XF スポーツブレイク
Jaguar XF Sportbrake|ジャガー XF スポーツブレイク

一方実用性も高く、近年の同セグメントでは主流となったハンズフリーテールゲート開閉機能を搭載。そのラゲッジスペースは通常時で565リッター、リアシートを折りたたむと最大1,700リッターを確保する。ちなみにテニスボールでは通常時2,900個、最大6,500個入るという。

ルーフには1.6平方メートルのパノラミックルーフをオプション設定。安全面も踏まえルーフをなぞるように前後にジェスチャーすることで開閉が可能だ。また、ジャガーの鼓動を表して1分間に72回点滅するスタートボタンもちょっとしたこだわりとして挙げられる。

搭載されるエンジンは250psを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンと、180psの2リッター直列4気筒ターボディーゼルエンジンの2タイプとなる。