アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時披露|Aston Martin

アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時披露|Aston Martin

CAR NEWS

Aston Martin Vantage|アストンマーティン ヴァンテージ

新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時披露

アストンマーティンは中核モデルとなる新型「ヴァンテージ」を世界6カ国で同時公開した。日本での価格は1,980万円で、2018年の第2四半期からデリバリーを開始する。

Text by HARA Akira

名門スポーツカーブランドの伝統を受け継ぐ「ヴァンテージ」

新型の詳細を説明する前に、まずは偉大なスポーツカーである“ヴァンテージ”の歴史から。ヴァンテージの名称が最初に使われたのは1951年で、当時の「DB2」に高性能エンジン(標準モデルの105bphに対し、Vantageエンジンは125bphを発生)を搭載したモデルだった。

続いて62年の「DB4」を手始めに、「DB5」「DB6」「DBS」の各モデルに“ヴァンテージ”のバッジを付けた高性能バージョンを設定。77年にはウイリアム・タウンズがデザインした「V8ヴァンテージ」が、アストンマーティンの性能面におけるフラッグシップカーとして登場した。

s_astonmartin-vantage_013
s_astonmartin-vantage_015

次のV8ヴァンテージは、2基のスーパーチャージャーにより後期型で600bphまで増強され、最終型の「V600 Le Mans」は、ニューポート・パグネルの旧本社工場で生産したヴァンテージの中でも最も稀少なコレクターズアイテムとなっているという。その後2000年に登場した「DB7ヴァンテージ」も、アストンマーティンが開発した6.0リッターV12を搭載していたという点で記念碑的モデルと言え、フェラーリの真のライバルとなっていった。

本社をケイドンに移してからの最初のヴァンテージは、05年に登場。アストンマーティン史上最高の累計25,000台を販売し、09年には「V12ヴァンテージ」を導入して世界中のエンスージアストたちを熱狂させた。

そして、今回の新型ヴァンテージだ。車両については、デザイン、エンジニアリング&パワートレイン、パフォーマンス&ドライビング・ダイナミクスの3つの側面からその進化をうかがい知ることができる。