ディーゼルモデルを追加したイヴォーク2018年モデル|Range Rover

ディーゼルモデルを追加したイヴォーク2018年モデル|Range Rover

CAR NEWS

Land Rover Range Rover Evoque
ランドローバー レンジローバー イヴォーク
Land Rover Range Rover Evoque Landmark Edition
ランドローバー レンジローバー イヴォーク ランドマーク エディション

ディーゼルモデルを追加したイヴォーク2018年モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルの受注を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

2018年モデルをベースにデザイン性を強調した特別仕様車も販売

レンジローバー イヴォーク 2018年モデルの最大の特徴となるのは、ディーゼルモデルの追加。ジャガー・ランドローバーが設計から生産まで手掛けた「INGENIUM(インジニウム)」エンジンがガソリン、ディーゼルともに導入された。

ガソリン、ディーゼルともに、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを採用。ディーゼルエンジンは最高出力180ps、最大トルク430Nmを発生させる。

s_landrover-rangerover-evoque-landmark-edition_001

Land Rover Range Rover Evoque Landmark Edition

s_landrover-rangerover-evoque-landmark-edition_015

最高出力240ps、最大トルク340Nmを発生するガソリンエンジンは、先代よりも15パーセントの燃費向上を実現。1,250rpmと実用的な回転域で最大トルクを得ることができるよう設定されたという。

さらに、2018年モデルの「SE PLUS」をベースに、特別仕様車「ランドマーク エディション」も同時に発売。ボディカラーはモレーヌ ブルー、ユーロン ホワイト、コリス グレイの3色が用意され、カルパチアン グレイのコントラスト ルーフが与えられるなど、デザイン性を強調したモデルとなる。

オプションで選択できる装備も充実。インフォテインメント システム「InControl Touch Pro」にコネクティビティ機能を導入し、スマートフォンのアプリを介して車両から離れた場所でもドアの開錠、エアコンの操作、走行履歴や車両状態の確認ができるようになったり、緊急時にはスマート ロードサイド アシスタンスやSOS緊急コールにもつなぐことが可能となった。このほかにも安全装備などのオプションも用意されている。

ガソリン、ディーゼルエンジンともに展開されるボディスタイルは3種類。5ドアは、「ランドマーク エディション」を含む5グレードでクーペ、コンバーチブルは各1グレードと計8モデルを設定。

価格はガソリンモデルの5ドアが502万円から835万円で、「ランドマークエディション」は669万円。クーペは720万5,000円、コンバーチブルは768万円。いっぽうのディーゼルモデルは、5ドアが521万円から855万円で「ランドマークエディション」は688万円。クーペが740万5,000円、コンバーチブルが788万円となる。

問い合わせ先

ランドローバーコール

0120-18-5568(9:00-18:00、土日祝日を除く)