ジャガー XJR575にポルトガルで試乗|Jaguar

ジャガー XJR575にポルトガルで試乗|Jaguar

CAR IMPRESSION

JAGUAR XJR575|ジャガー XJR575

ジャガー XJR575にポルトガルで試乗

高級かつ高性能サルーンでは、英国だって負けていない (2)

快適な走りの鍵はブレーキ

エンジンは3,500rpmで最大トルクが発生する設定だ。なので回せばどんどん力が出てくる。アイドリングに近い回転でもパワフルだと思うが、2,500rpmを超えたあたりからパワー炸裂だ。

コーナーの出口からは次のコーナーまで、怒濤といった感じのパワーで加速してゆく。パワフルなエンジンを搭載した重量級サルーンには軽量スポーツカーとは違ったよさがあることがよく分かる。

このV8エンジンの特性を知り尽くしているのであろう。ジャガーの技術者はレスポンシブで、かつ高回転まで回るグッドフィールを実現している。

s_019_jaguar_xjr_575
s_041_jaguar_xjr_575

どれだけアクセルペダルを踏めばどれだけ力が出てくるか。加速感の設定がクルマのキャラクターを決めることも少なくない。それは人間の感覚と密接に関係する。その“フィール”の部分がいいのだ。

ただしそれも効きのよいブレーキがあってこそ楽しめる。その点でもXJR575はぬかりがない。効きは(当然期待していたとおりに)よく、ペダルによるコントロール性は抜群。

微妙な減速が可能で、これもワインディングロードでの楽しさに貢献している。

怒濤のパワーによる加速をうまく受け止めて、ブレーキペダルの踏み込み量に応じてしっかりと車体を減速させてくれる。

より小ぶりなスポーツサルーンを凌駕するような操縦性を確立しているのは、加速性のよさとともに、効きのいいブレーキのおかげだろう。

s_023_jaguar_xjr_575

ふだんは(ショートホイールベースとはいえ)3メートルを超えるホイールベースのおかげでリラックスして後席乗員を載せて走ることも得意なはずのクルマである。

街中や高速では騒音もきれいにカットされ、安逸。メリディアンのオーディオシステムを試してみたが、こちらも1音ずつきれいに聴き分けられるように感じるほどだ。

s_040_jaguar_xjr_575
s_028_jaguar_xjr_575

たしか……僕の記憶なのであいまいなのだが……「目を閉じたときにそこに演奏者がいるように感じられるように」というポリシーを持っていたはずの同社が得意とする小さな編成の室内楽などの再生は見事だった。

ようするにXJR575は強烈なパワーをもったファイターなのだが、精神は洗練されている。そんなイメージなのだ。こういうクルマはライバルを見つけるのがむずかしいかもしれない。

日本での価格は1,887万円と発表されている。右ハンドルが導入される(じつはポルトガルでの試乗車も右ハンドルだった)。日本への導入は2018年早々だそうだ。

080507_eac_spec
Jaguar XJR575│ジャガー XJR575
ボディサイズ│全長 5,130 × 全幅 1,899 × 全高 1,460 mm
ホイールベース│3,032 mm
重量│1,875 kg
エンジン│5,000 cc V型8気筒 直噴DOHC スーパーチャージャー付き
最高出力│423 kW(575 ps)/6,250-6,500 rpm
最大トルク│700 Nm/3,500-4,500 rpm
トランスミッション│電子制御8段AT
サスペンション 前/後|ダブルウィッシュボーン
タイヤ前│265/35R20
タイヤ後│295/30R20
燃費(EU)│11.1ℓ/100km(約9.0km/ℓ)
トランク容量│478 リッター
価格│1,887 万円