新型Sクラスに試乗|Mercedes-Benz

新型Sクラスに試乗|Mercedes-Benz

CAR IMPRESSION

Mercedes-benz S Class|メルセデス・ベンツ Sクラス

Mercedes-AMG S 63 4MATIC|メルセデスAMG S 63 4マティック

見た目よりも中身が大きく変わった

新型Sクラスに試乗

2013年に登場したメルセデスの現行「Sクラス」がマイナーチェンジを迎えた。見た目こそ大きな変化は見られないものの、ダウンサイジングが進んだエンジンを始め多くのパーツが刷新されているという。フラッグシップシップたるに相応しく、最新の電子デバイスを用いたドライバーアシストやセーフティ機能を備えるSクラスに、小川フミオ氏が試乗して、その進化のほどを確かめた。

Text by OGAWA Fumio

ダウンサイジングしたV8エンジン

メルセデス・ベンツのフラッグシップ、「Sクラス」がビッグチェンジを受けた。2013年に発表された現行モデルとしては初の大きな変更になる。

Sクラスは1972年に初代が登場。当時はSクラスの「S」にあたるスーパー(Super)メルセデスともよばれた。

スーパーであるだけにSクラスには頂点の技術が詰まっている。昨今では最高の技術を先進的安全技術とか運転支援技術と解釈してしまうと、最新モデルが最も有利となる。

s_012_mb_s560
s_023_mb_s560

Mercedes-benz S 560

そんな状況はメルセデスの開発者の頭痛の種かもしれないが(本人たちは認めていない)2017年夏の変更で、Sクラスはトップモデルにふさわしい技術的内容を手に入れた。

通常フルモデルチェンジに対してモデルライフの途中で実施される変更はマイナーチェンジと呼ばれる。しかし今回のSクラスではマイナーでなくあえてビッグといいたいぐらい、大きな変更が実施された。

なにしろ6,500の部品を新しくしたとメルセデスではいう。なかでも注目はエンジンだ。クルマで最も重要な、人間でいえばハートにあたるような部分である。

s_079_mb_s560
s_024_mb_s560

Mercedes-benz S 560

今回のビッグチェンジで、新しいエンジンが多く用意された。それが大きなニュースである。ひとつはガソリンとディーゼルがある3リッターの直列6気筒エンジン。

ストレートシックスは日本に当面入ってこないので、話を日本で人気が高いというV型8気筒にしぼろう。従来の4.7リッター(S 550)に対して新型では4.0リッターとなった(欧州でのモデル名はS 560)。

排気量が下がっておそらく燃費効率もよくなっているいっぽう、パワーは335kW(455ps)から345kW(469ps)にあがっている(700Nmの最大トルクは不変)。

s_026_mb_s560
s_028_mb_s560

Mercedes-benz S 560

「もっとも燃費のいいV8エンジン」とメルセデスのエンジニアが胸をはるこのエンジンは気筒休止システムを備えている。最高出力と最大トルクはかなりのものだが、いっぽうで効率をしっかり追求している点で、最先端のエンジンといえるだろう。

燃費は100キロ走るのに8.5リッターの燃料消費率(欧州値)。単純に日本でおなじみの燃費表示に切り替えるとリッターあたり約11.8キロとなる。

新しい8気筒エンジンは期待を裏切らない。