フォルクスワーゲン グループが思い描く自動運転時代とは|Volkswagen

フォルクスワーゲン グループが思い描く自動運転時代とは|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen|フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン グループの自動運転研究部門責任者

ヘルゲ・ノイナー博士インタビュー

世界中の自動車メーカーが開発競争を繰り広げる自動運転技術。アウディは今年7月、世界で初めてレベル3の自動運転機能を市販車に搭載すると発表した。その開発を担当したのが、同ブランドの所属するフォルクスワーゲン グループ自動運転研究部門の責任者であるヘルゲ・ノイナー博士だ。11月14日から日本で開催される政府プロジェクト「SIP-adus(戦略的イノベーション創造プログラム・自動走行システム)2017」のゲストスピーカーとして来日したノイナー博士に、「フォルクスワーゲンが考える自動運転」の話を聞いた。

Text by HARA Akira

所有から共有へ、製造業からモビリティサービスへ

個別のお話をうかがう前に、まずはノイナー博士から自動運転に関する概論の説明があった。

フォルクスワーゲンは2000年初頭から自動運転の開発を始めまており、自動運転が可能になると、
1、人間の安全のため、事故の数を減らすことができる
2、燃費や電力の消費率などは、自動運転の方が効率が良い
3、社会インフラとして、交通渋滞が緩和する
4、ユーザー視点として、運転していない時間を自分のために活動できる。つまり快適性が向上する
といったベネフィットを挙げた。

自動運転には、レベル0からレベル5までの段階があり、今日の自動運転と呼ばれるクルマはレベル2を実現している。レベル2では車両のコントロールはクルマ、監視は人が行うという内容だ。

レベル3になると、ドライバーがいても、システムの監視はある場面ではクルマ、ある段階では人が行う。この際、重要なのはそれぞれのコントロールの領域で、ボーダーラインをはっきりさせることが必要となってくる。博士たちは2015年ごろからのテストドライブによって、その受け渡しのためのヒューマンマシンインターフェイス(インジケーターの色や音響など)を研究してきたという。

s_005_vw-sedric
s_009_vw-sedric

Volkswagen Sedric

フォルクスワーゲンは、先のフランクフルトモータショーで、「Sedric(セドリック)」というレベル5に相当する完全自動運転車両を公開した。外観も内装も今までの車とまったく違い、ハンドルも無いのが特徴だ。このセドリックは、これまでとは異なるビジネスモデルとして開発されたという。つまり、消費者がクルマを買う、所有するというモデルから、共有モビリティサービスとして輸送に使う、タクシーのように呼び出して使うというビジネスモデルを前提としているのだ。

博士たちはとしては、レベル4やレベル5などの自動運転の段階には、ステップバイステップで行くのか、革新的に一足飛びに到達するのか、それはカスタマーや技術の課題、世界の状況などの複雑な要件があり、どちらが正しいというのではなく、並行して行われるのではないかと考えているという。