フォルクスワーゲンの新たなるフラッグシップ「アルテオン」の真価|Volkswagen

フォルクスワーゲンの新たなるフラッグシップ「アルテオン」の真価|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen Arteon|フォルクスワーゲン アルテオン

見た目以上にエッジィな、新たなるフラッグシップモデル

2013年3月のジュネーブモーターショーでデビューした、フォルクスワーゲン最新のフラッグシップモデル「アルテオン」。このたび日本上陸を果たした同モデルは、いったいどんなクルマに仕上げられているのか。その真価を探る。

Text by TAKI Masashi

公道走行可能なテクノロジーショーケース

クーペスタイルを纏った流麗なスタイリングに目を奪われがちだが、フォルクスワーゲン「アルテオン」の奥深さは、現在のフォルクスワーゲンの最新技術を集約させたファンクションにこそある。いわば公道走行可能な、テクノロジーショーケースでもあるのだ。

s_002_vw_arteon_t
s_003_vw_arteon_t

例えば(と、挙げ始めるとキリがないのだが)、トラフィックアシストという渋滞時追従支援システムと、パークアシスト(駐車支援システム)は、普段使いにおいてとても重宝するファンクションで、アルテオンが自動運転を見据えていることを強く示唆。部分自動運転機能が標準装備されているのだ。TVのCMでおなじみの安全に関わるクルマの先進技術のほとんどは(名前こそ違えど)標準装備されている。

さまざまな情報処理を軽減するインフォテイメントシステム、それを簡単に動かすジェスチャーコントロールなどもまた、標準装備。最新のアバンギャルドなファンクションが、近未来的なエレガントなフォルムにパッケージされている。