マセラティ2018年モデルを発表|Maserati

マセラティ2018年モデルを発表|Maserati

Maserati Ghibli

CAR NEWS

Maserati Ghibli|マセラティ ギブリ

Maserati Levante|マセラティ レヴァンテ

Maserati Quattroporte|マセラティ クアトロポルテ

マセラティ2018年モデルを発表 (2)

運転支援システムが進化

2018年モデルとして導入されるエンジンは、ディーゼルとガソリンエンジンで、ガソリンエンジンは2種類。そのひとつ、「SQ4」に搭載されるV6エンジンはこれまでの410psから430psにアップグレード、トルクも30Nmプラスされた。駆動方式に変更はなくFRとAWD(ガソリンのみ)である。トランスミッションも8段オートマティックが引き続き採用されている。

テクノロジー面としては、これまでのスタビリティコントロールを進化させた車両統合制御システム(IVC)を搭載。車両の不安定な動きを事前予測し、不安定な動きを修正する。そのほか、マトリックステクノロジーを採用したアダプティブ フルLEDヘッドライトが新規に装備。これによりデザイン面で精悍さが増したと同時に、視認性が20パーセント向上したという。

s_15_maserati-ghibli-granlusso_010

Maserati Ghibli GranLusso

s_28_maserati-ghibli-gransport_012

Maserati Ghibli GranSport

最後は先進運転支援システムが「ADAS2」になったことだ。2017年モデルよりADASは搭載されており、アダプティブ クルーズ コントロール、レーン デパーチャー ワーニング、フォワード コリジョン ワーニング、サラウンド ビュー カメラという機能が備わっていた。そこに 2018年モデルからはアクティブ ブラインド スポット アシスト、レーン キープ アシスト、標識認識という新しい3つの機能が加わったのだ。

グレード構成は、ディーゼルエンジンの「ギブリ ディーゼル」、ガソリンエンジンは「ギブリ」「ギブリ S」「ギブリ SQ4」で、このすべてにグランルッソとグランスポーツのトリムオプションが選択可能である。

s_25_maserati-ghibli-gransport_009
s_30_maserati-ghibli-gransport_014

さらに、内外装のカラーの組み合わせでは、エクステリア10種、ホイール9種、ブレーキキャリパー5色、インテリアカラーは9色、トリム6色と2万5,000通りに近い組み合わせが可能で、ユーザーの好みに合わせた1台を作り上げられるという。

この新型ギブリについてマセラティジャパン代表取締役グイド・ジョバネッリ氏は、「私が個人的に最も美しいマセラティだと思っているモデルです。マセラティジャパンにとっても販売の1/3を構成するモデルなのです」とコメントしていた。