フルモデルチェンジした新型シトロエン「C3」に試乗|Citroen

フルモデルチェンジした新型シトロエン「C3」に試乗|Citroen

CAR IMPRESSION

Citroen C3|シトロエン C3

フルモデルチェンジした新型シトロエン「C3」に試乗

シトロエンのコンパクトモデル「C3」がフルモデルチェンジし、今年から日本でも販売が開始された。先代の丸いスタイリングから一転し、独特のSUVライクなルックスを得た新型C3に、小川フミオ氏が試乗した。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

クロスオーバーをシトロエン的に解釈したかたち

Kawaiiという言葉をフランスのパティシエ、ピエール・エルメがコレクションのために使ったのは2003年。その頃すでにあちらでは、この日本独自の美意識が受け入れられるようになっていた。

キャワイイ(とフランス人は発音する)がやはりベーシックコンセプトになっているのかと思ってしまったのが、シトロエンの新型「C3」。

少なくとも日本に住むひとがこのクルマを見たときに口にする感想が“かわいい”である。

17年にフルモデルチェンジを受けたC3。先代も円弧を意識させるルーフラインを持っていて、どちらかというとかわいいクルマだった。

s_012_citroen_c3_ride
s_005_citroen_c3_ride

それに対して、新型のプロファイル(横から観たシルエット)はもっと一般的だ。しかしディテールに凝りまくっている。そこにはペイントワークも含まれる。

C3はさきに日本で限定発売された「C4カクタス」と共通するデザインランゲージを使用している模様だ。

それを的確に解釈するのは部外者にはむずかしいけれど、プレスリリースのなかにシトロエンによる記述がある。

「ボリューム感やプロポーションおいてユニークな存在感があること。つまりそれこそがシトロエン デザインです。高く立ち上がったフロントエンドは力強い印象を与えつつ、水平基調のウェストラインへと連続しています」

ようするにSUVとハッチバックのクロスオーバーを現代的に、かつシトロエン的に解釈したのが新しいC3ということなのだろうか。

加えて個性を出すことが求められたため、デザイナーはそのひとつの手段として「エアバンプ」を採用した。

エアバンプは車体側面につけられたエア封入の軟素材。6つの空気入りのポリウレタン製のカプセルが金属の車体に貼られている。さきにも触れたC4カクタスで話題になった手法だ。

s_006_citroen_c3_ride

加えて試乗車はホワイトのボディ色と、レッドのルーフ色の組み合わせ。自動車デザインの世界はマジメというか、かたちには理由がなくてはならないとされる。

素材も同様だ。なのでペイントで個性を出すのはレースカーを除けば、あまり推奨されていない(はずだ)。

そんななかにあって、MINIやスマートは大胆なカラースキームを採用してきた。スマートは塗り分け部分の素材が使うので従来の考えかたに近いかもしれない。

これらのクルマは市場で好評を博してきたので、新型C3も自信をもって市場に出されたはずだ。自転車やスポーツギアのように心を浮き立たせるカラーリングだから、大目に(!)見るとしようではないか。

もうひとつ印象的なのが走りである。けっしてかわいさだけを売りにしたクルマではないのだ。