レンジローバーの新型SUV、ヴェラールに試乗|Range Rover

レンジローバーの新型SUV、ヴェラールに試乗|Range Rover

CAR IMPRESSION

Land Rover Range Rover Velar|ランドローバー レンジローバー ヴェラール

レンジローバーの新型SUV、ヴェラールに試乗

今年7月に日本上陸を果たしたレンジローバー「ヴェラール」は、「レンジローバー スポーツ」と「イヴォーク」のあいだを補完する第4のモデル。引き算の美学をコンセプトにデザインされたエクステリアと、レンジローバー ファミリーらしいオールラウンダーな走破性を併せ持つ同モデルに、小川フミオ氏が軽井沢で試乗した。

Phorographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

なめらかなデザインが特徴のエクステリア

2017年に発表された最も衝撃的なスタイリングのクルマ。レンジローバー「ヴェラール」について、そう言い切ってもいいだろう。

レンジローバーにとって4つ目のモデルにあたり、「スポーツ」と「イヴォーク」のあいだに位置づけられる。デザインコンシャスに見えるぶんイヴォークに近いともいえる。

イヴォークには、しかし独特のゴツさがあって、それがスタイリングアイデンティティを形成している。ヴェラールはそれとまたちがうアプローチだ。

s_010_range_velar_ride
s_012_range_velar_ride

僕はロンドンのデザインミュージアムでの発表会に参加。そのときはびっくりしたものだ。リダクショニズムという言葉で説明される、突起がほとんどない卵のようななめらかさを特徴とするボディは斬新。

そのあとショーなどで見かけてきたが、今回の軽井沢での試乗会が、実物に触れる最初の機会だ。こんなスタイリングの量産車を作ってしまった事実は、実車に接してあらためて衝撃的だった。

日本で販売されるヴェラールはバリエーションが豊富だ。出力の異なる2種類の2リッター4気筒ガソリンエンジン(250psと300ps)と、3リッターV型6気筒エンジン、それに2リッター4気筒ディーゼルエンジンが導入される。

仕様は「コア」と「Rダイナミック」の2本立て。コアが標準仕様で、Rダイナミックは「バーニッシュドカパー」と呼ばれる加飾がボンネットのエアアウトレットやサイドエアベント、それにフロントエアダム周囲に設けられているのが特徴だ。

そして、それぞれ装備レベルに応じて、ベーシック、S、SE、HSEと4つの仕様がある。つまり32のモデルから選ぶことができるのだ。

s_038_range_velar_ride

全モデルに共通する装備は、おもにドライビングに関するもの。ヒルローンチアシスト、ダイナミックスタビリティコントロール、ロートラクションローンチ、電子制御トラクションコントロール、コーナリングブレーキコントロール、トルクベクタリングバイブレーキ、ヒルデセントコントロールといったぐあいだ。