ランボルギーニ日本導入50周年、CEOの語る新しい未来|Lamborghini

ランボルギーニ日本導入50周年、CEOの語る新しい未来|Lamborghini

CAR FEATURES

Lamborghini|ランボルギーニ

ランボルギーニ日本導入50周年限定モデルも導入

CEOが語る新しい未来、そして将来のランボルギーニ

アウトモビリ ランボルギーニ ジャパンは10月20日、日本に初めてランボルギーニが輸入されて50周年となることを記念したイベント「ランボルギーニ デイ 2017」を東京プリンスホテルで開催。デビューしたての新型「アヴェンタドール S ロードスター」をアジアで初めて披露したほか、新旧ランボルギーニ オーナーが集結して「コンクール デレガンス TOKYO 2017」を行った。合わせて来日したステファノ・ドメニカリCEOにインタビューし、ランボルギーニの将来や同氏の経営哲学などを伺った。

Text & Photographs by HARA Akira

日本専用の限定特別モデルを披露

発表会では、伊アウトモビリ ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOにより、日本専用の特別仕様車「アヴェンタドール S ロードスター 50thアニバーサリー ジャパン」が披露された。

ベースは今年9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアしたばかりのフラッグシップオープンスポーツ「アヴェンタドール S ロードスター」で、シート後方に搭載する6.5リッターのV型12気筒自然吸気エンジンは、最高出力740ps、最大トルク690Nmを発生。独自の7段ISRトランスミッションを介して、0-100km/h加速3.0秒、最高速度350km/hを公称する。

s_008_lamborghini_50_int
s_017_lamborghini_50_int

Lamborghini Aventador S Roadstar 50th Anniversary Japan

日本でのランボルギーニ輸入50周年を記念し、5台限定のワンオフで製作した「50thアニバーサリー ジャパン」は、宇宙を構成する5つの要素である「五大」の思想を取り入れた「地(黄緑色)」「水(青)」「火(赤)」「風(銀)」「空(水色)」と命名。ただし、公開した「水」をはじめ5台とも全て完売済みという人気ぶりだ。

今回は、この限定モデルの発表会を終えたばかりのステファノ・ドメニカリCEOにインタビューすることができた。