「北斎とジャポニスム」展とコラボレーションしたアヴァンギャルドフレンチ|CONRAD TOKYO

CONRAD TOKYO|「北斎とジャポニスム」展とコラボレーションしたアヴァンギャルドフレンチ

ドガが刺激を受けた“ポーズ”。

LOUNGE EAT

CONRAD TOKYO|コンラッド東京

コンラッド東京のモダンフレンチ「コラージュ」が
「北斎とジャポニスム」展とコラボした特別コースメニューを披露

国立西洋美術館で開催している「北斎とジャポニスム HOKUSAI が西洋に与えた衝撃」展とコンラッド東京のモダンフレンチ「コラージュ」が夢のコラボレーション。和の食材を用いたモダンフレンチと、日本酒とのペアリングを楽しめる。

Text by NAKAYASU Akira

北斎作品にヒントを得た、和のエッセンスが光る

コンラッド東京「コラージュ」では、10月21日(土)から2018年1月28日(日)までの期間、国立西洋美術館(東京・上野公園)にて開催する「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」展とコラボレーションした特別コースメニューが提供される。

モネやゴッホといった名だたる西洋美術の巨匠たちが天才浮世絵師・葛飾北斎から創造のヒントを得たように、モダンフレンチのフィールドに北斎作品の持つ自然への親密な視点からヒントを得て作られたメニューの数々。そこには当然、驚きと発見が隠されている。

コラボレーションメニューには

・ゴーガンが描いた“シンプル”
・モネが学んだ“リズム”

といったユニークなネーミングが並ぶ。その謎とは、いったい? ぜひとも実食して確かめたい、稀有でスペシャルなモダンフレンチだ。

s_003_conrad_tokyo

ゴーガンが描いた“シンプル”。金目鯛のポワレ キタアカリと白菜。

s_004_conrad_tokyo

モネが学んだ“リズム”。金華豚のローストとブレゼ 安納芋と落花生。

また利き酒世界一の異名を取る北原康行氏による日本酒やワインとのペアリングも堪能でき、食材、酒、和カトラリー、メニューカードに至るまで、空間すべてを取り込んだジャポニズムの演出に期待が高まる。

モダンフレンチ「コラージュ」☓「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」

s_005_conrad_tokyos_002_conrad_tokyo

コラボレーション概要
期間|10月21日(土)~2018年1月28日(日)
※月曜定休(祝日の月曜ランチは営業)

時間|12:00~14:00(ランチ)/17:30~21:00(ディナー)

場所|コンラッド東京28階 モダンフレンチ「コラージュ」

料金|
「北斎とジャポニズム」特別コース1名様
ランチ 9500円 / ディナー 1万1000円

日本酒&ワインのペアリング付 1名様
ランチ1万5500円 / ディナー 1万7000円

メニュー内容|
(以下はディナーメニュー。ランチメニューは一部変更)
・小さなおつまみ
・【カサットが愛した“気ままさ”】 シェフからの可愛らしい一皿
・【ドガが刺激を受けた“ポーズ”】 蛤のポッシェ カブとトリュフ
・【ゴーガンが描いた“シンプル”】 金目鯛のポワレ キタアカリと白菜
・【モネが学んだ“リズム”】 金華豚のローストとブレゼ 安納芋と落花生
または
・【ゴッホを魅了した“自然”】 黒毛和牛フィレ肉のポワレ 農園野菜と焦がしバター(3000円追加)
または
・【冨嶽三十六景の“視点”】 神戸牛ロース肉の瞬間燻製 農園野菜とマスタード(6500円追加)
・好みのチーズをトローリーより(3000円追加)
・プレデザート
・【セザンヌが気づいた“モティーフ”】 トルシュ オ マロン 赤紫蘇とバナナ
・コーヒー、紅茶
・小さなお菓子

展覧会情報
「北斎とジャポニスム HOKUSAI が西洋に与えた衝撃」
会期|2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)
会場|国立西洋美術館
住所|東京都台東区上野公園 7-7
開館時間| 9:30~17:30(~20:00金、土。11/18を除く)※入館は閉館時間30分前まで
休館日|月曜(1/8は開館)、12/28~1/1、1/9
展覧会公式サイト|http://hokusai-japonisme.jp

問い合わせ先

コンラッド東京

03-6388-8745(レストラン予約直通)

http://www.conradtokyo.co.jp/plans/restaurants/4063