ジョー・フォティによる個展が開催|CHROME HEARTS

CHROME HEARTS|ジョー・フォティによる個展が開催

ART TOKYO Tips

CHROME HEARTS|クロムハーツ

「THE ADVENTURES FROM BEAVER CREEK pt.3」

クロムハーツのアート担当・科学主任のジョー・フォティ氏による個展「THE ADVENTURES FROM BEAVER CREEK pt.3」が開催される。2013年から三部にわたり構成された個展で、今回はその最終章。彼の少年時代過ごした町、ブリストルにフォーカスを当てる。期間は2017年11月10日(金)~2017年11月24日(金)まで。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

ブリストルで過ごした少年時代の思い出を表現したエキジビションの最終章

クロムハーツマガジン全刊にてアートが掲載されているジョー・フォティ氏。彼は1960年代から70年代にかけて、テネシー州とバージニア州の境、ブリストルという小さな町で少年時代を過ごした。

6年前に彼はアート展に必要なインスピレーションを探すためにブリストルを訪れた。この旅から帰った時、3部構成にわたるアート展が必要なほど、たくさんのインスピレーションを受けたという。

2013年に開催された第一章では、町の初期の歴史と南北戦争からの歴史を題材に、彼の幼い記憶を織り交ぜてアートを表現。

2015年の第二章では、彼の知っている当時の街や面影が消えて無くなりつつあり、思い出のつまった歴史ある魅力的な建物が壊され、つまらない美しくもないビルに建てかえられ変わってゆく町をテーマにした。

今回開催される第三章では、かけがえのない思い出、そしてブリストルを出て刺激的な大都会に住みたいという当時の思いを表現する。

1978年にフォティ氏の家族はテネシー州を去り、大都会であるジョージア州アトランタ市に引っ越した。彼は「白黒の世界からカラーの世界に突然入り込んだかのように感じたものです。多様性にあふれる大都市に移り住むことは、まるでマインドを覚醒させる新しくて凄いドラッグを発見したかのようでした」と、当時の心境を語った。

世界のさまざまな土地を訪れたフォティ氏。そのなかでも決して忘れることのない小さな町での思い出を表現する。

Joe Foti Exhibition “THE ADVENTURES FROM BEAVER CREEK pt.3”
開催期間|2017年11月10日(金)~2017年11月24日(金)
時間|12:00~18:00
会場|Chrome Hearts Ginza
東京都中央区銀座5-4-9 6F
Tel|03-6252-3681

問い合わせ先

クロムハーツ

http://www.chromehearts.com/