東京モーターショー 2017 リポート|Suzuki

東京モーターショー 2017 リポート|Suzuki

CAR NEWS

Suzuki|スズキ

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

“ワクワク”を、誰でも、どこへでも

スズキは、世界初公開のコンパクトカーなど、ワールドプレミア7台を含む全20台を展示した。

「e-SURVIVOR」は、ジムニーやエスクードなど歴代スズキのコンパクトSUVが持つ魅力を継承した次の時代に向けて提案するコンパクトSUVだ。ラダーフレームと軽量コンパクトボディによる走破性はそのままに、前軸、後軸にそれぞれ2つずつの4モーターを搭載した四輪独立駆動システムで新たな走りの可能性を提案する。

Suzuki e-Survivor|スズキ e-サバイバー

Suzuki e-Survivor

Suzuki XBEE|スズキ クロスビー

Suzuki XBEE

このほか、軽ハイトワゴンの「スペーシア コンセプト」、ラグジュアリー軽ハイトワゴン「スペーシア カスタム コンセプト」、さまざまなライフスタイルに似合う小型クロスオーバー「XBEEクロスビー」3種、「キャリイ 軽トラいちコンセプト」などを参考出品。

「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」を出展テーマに、2020年に創立100周年を迎えるスズキがさらに次の100年に向けた製品開発や技術開発に対する取り組みを展示する。