東京モーターショー 2017 リポート|BMW

東京モーターショー 2017 リポート|BMW

CAR NEWS

BMW|ビー・エム・ダブリュー

東京モーターショー 2017 リポート

Text by HARA AkiraPhorographs by ARAKAWA Masayuki

ラグジュアリー&スポーティ

BMWブースのカンファレンスは、NHK交響楽団に属するバイオリンとチェロ奏者による生演奏という、優雅な雰囲気でスタートした。テーマである「スートーリー オブ ラグジュアリー」を体現したもので、展示はコンセプトモデルを含む5モデルがアジアプレミアムとなる。

コンセプト8シリーズ」は、今後導入を予定している「8シリーズ クーペ」のテイストをまとったもので、伝統的なデザインの長いエンジンフードと、アグレッシブなアイデアが融合したエクステリアとなっている。インテリアも躍動感と高級感を兼ね備えたラグジュアリーカーだ。

BMW Concept 8 series|ビー・エム・ダブリュー コンセプト 8シリーズ

BMW Concept 8 series

BMW M5|ビー・エム・ダブリュー M5 052

BMW M5

もう一台のコンセプトモデルは「コンセプトZ4」。BMWの駆け抜ける歓びを体現したモデルで、短いエンジンフードとシャープなオーバーハング、車体中央の運転席、縦に2つ重なるヘッドライトなどが特徴だ。

BMW「6シリーズ グランツーリスモ」は、高めのコックピットと広い室内が特徴のスポーティモデル。新型「M5」は600psのM社製V8バイターボエンジンを搭載し、0-100km加速3.4秒のモンスターセダンだ。大型キドニーグリルを採用した新型「X3」も展示された。