新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席|Porsche

新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席|Porsche

CAR FEATURES

Porsche Cayenne|ポルシェ カイエン

新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席

ポルシェは8月29日(ドイツ現地時間)、第3世代となる新型「カイエン」を世界初公開。その発表会に金子浩久氏が参加した。

Text by KANEKO Hirohisa

カイエンの歴史を辿るミュージアム

新型ポルシェ「カイエン」の発表イベントに出席してきた。会場は、本拠地シュツットガルトのポルシェ ミュージアム。

夜9時からの屋上でのセレモニーの前に、ガイド付きでミュージアムを案内された。新型カイエン発表に合わせて、フロアの一部分には歴代カイエンとその派生モデル「959」のパリ・ダカール仕様など、オフロードに縁のあるポルシェを展示してある。“それらの延長線上に新型カイエンが開発されたのですよ”というわけである。

中でも感慨深かったのは、「カイエンS トランスシベリア」。ロシアのモスクワからモンゴルのウランバートルまでを競うアドベンチャー ラリー「トランスシベリア」用にヴァイザッハで25台造られたラリー仕様のカイエンSだ。2シーター化され、各部に強化&最適化が施され、2本のスペアタイヤ、ジャッキや工具類などがトランクルームに設置された特製の車両だ。

s_038_porsche_cayen

Porsche Cayenne S Transsyberia

s_041_porsche_cayen

Porsche Cayenne

筆者は、ナビゲーターとして2007年と2008年にこのアドベンチャーラリーに出場したから、10年ぶりに眼にしたカイエンS トランスシベリアがとても懐かしかった。

展示されていたのはフランスチームのもの。日本チームのマシンはオランダ人コレクターの元でレストアを受けて余生を過ごしている。

そのカイエンS トランスシベリアの隣には、大胆にも新型カイエンのプロトタイプが展示してある。どこかのオフロードでテスト走行して泥まみれになったそのままの姿で、少し高いところに置かれていた。テールライトなどは明らかなダミーだが、ボディは現行モデルとは明らかに違っているから、このまま出るのだろう。