ロータス2018年モデル発表|Lotus

ロータス2018年モデル発表|Lotus

エルシーアイ代表取締役社長の高橋一穂氏

CAR NEWS

Lotus Elise|ロータス エリーゼ

Lotus Elise Sprint 220|ロータス エリーゼ スプリント 220

Lotus Exige Sport 380|ロータス エキシージ スポーツ 380

Lotus Evora Sport 440|ロータス エヴォーラ スポーツ 440

ロータス2018年モデル発表

ロータスの正規輸入代理店、エル シー アイは、ロータスの2018年モデル4種を同時に公開した。これまで五月雨式に発表や公開はあったのだが、今回のように一斉に発表するのは初めてのこと。エリーゼ レンジからは「エリーゼ」「エリーゼ スプリント 220」。エキシージ レンジからは「エキシージ スポーツ 380」。そしてエヴォーラ レンジから「エヴォーラ スポーツ 440」が登場した。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

すべてをはぎ取ったエリーゼ

今回公開された4モデルすべてに共通するコンセプトは“LESS MASS MEANS MORE LOTUS”だ。コーリン・チャップマンが創立当初からこだわってきた軽量化によるパフォーマンスの向上。それがこのワードに込められている。

そのコンセプトが最もあらわれているのがエリーゼだ。エアコンやオーディオ、フロアマットまで取り外すことで徹底的な軽量化を実施。結果、841kgと15kgの軽量化に成功。原点である初代エリーゼを思い起こさせる、“もっともエリーゼらしいエリーゼ”となった。

それは価格にもあらわれており、「本社とハードネゴシエーションして価格を下げる努力をした結果、500万円を切る496万8,000円で提供します」とエルシーアイ代表取締役社長の高橋一穂氏はコメントした。

s_002_lotus_Elise

Lotus Elise

s_005_lotus_Elise

エンジンは1ZR-FAEでDOHC4気筒デュアルVVT-iを搭載。1,600ccで最高出力は136ps、最大トルクは160Nmを発生する。最高速は204km/hで0-100km/h加速は6.5秒と発表された。

エルシーアイ広報の谷田恵美氏によると、「このエリーゼを含むすべてのエリーゼシリーズで、既存のモデルよりも軽量フロントクラムシェルの採用、リアトランサムパネルのデザイン変更により、デザインが一新され、よりアグレッシブなフォルムになりました」と説明した。

なお、この車両は日本のみの設定モデルである。