世界初披露のEVコンセプトカーなどTMSで初披露|MITSUBISHI

世界初披露のEVコンセプトカーなどTMSで初披露|MITSUBISHI

CAR NEWS

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT|三菱 e-エボリューションコンセプト

MITSUBISHI ECLIPSE-Cross|三菱エクリプス クロス

世界初披露のEVコンセプトカーなどTMSで初披露

三菱自動車は、10月25日(水)から11月5日(日)まで開催される第45回東京モーターショー2017での出展概要を発表した。

Text by OPENERS

AI技術搭載コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」をワールドプレミア

今回の東京モーターショーで、三菱はこれからのクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカー「e-エボリューションコンセプト」を世界初披露するほか、来春発売予定の新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を日本初披露する。

e-エボリューションコンセプトは、同社が得意とするEV技術と四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを融合、進化させるとともに、新たにAI(人工知能)技術を搭載したクロスオーバーSUVで、どんな気象条件や路面状況でも、ドライバーの意思に高度に同調し、意のままの安全で快適なドライビングを提供する新世代ハイパフォーマンスEVだ。

s_002_tms_mitsubishi

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT

s_003_tms_mitsubishi

駆動方式は、フロントに1機のモーターと、リアに新開発の「デュアルモーターAYC」を搭載したトリプルモーター方式の4WDシステムを採用。運転時は、車載AIが変化する道路環境や交通状況を多くのセンサーで認知するとともにその瞬間のドライバーの操作からその意思を読み取り、運転技量に関わらず安全、快適なドライビングを提供するためのアシストを行う。さらにドライバーの運転技量を把握した車載AIは、それを向上させるメニューを考え、音声対話や全面大型ディスプレイ表示を使ってアドバイスを行うコーチング機能も持つという。

エクリプス クロス(日本仕様)は、スタイリッシュなクーペ フォルムにダイナミックなSUVの機動力を融合したクーペSUVで、個性的なデザイン、コネクティビティ、四輪制御技術による安心して楽しめるドライブフィールが特徴だ。日本初披露となり、来春の発売が予定されている。このほか国内で販売する主力6モデルも出品する。

s_004_tms_mitsubishi

MITSUBISHI ECLIPSE-Cross

s_005_tms_mitsubishi

技術展示では、車載の「AIパーソナルアシスタント」と「スマートスピーカー」を紹介。AIパーソナルアシスタントは、乗員のことを深く理解したAIが運転のための適切な情報を提供したり、運転中のドライバーと在宅中の家族とのコミュニケーションをサポートするなど、新たな体験を提供する機能で、人工知能技術とコネクテッドカー技術を活用したものだ。多種多様なデバイスやコンテンツとの連携が可能で、例えばドローンと連携すれば、これから向かう先の道路状況を映像で確認したり、自車の走行シーンが楽しめるようになる。

スマートスピーカー展示では、音声認識と自動車との連携機能として、ヘッドライトの点灯、車内の温度調節、ドアロック機能などのデモンストレーションを行う予定だ。

問い合わせ先

三菱自動車お客様相談センター

0120-324-860(9:00-17:00、土日は9:00-12:00、13:00-17:00)