“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

“モーター”ショーの向かう先|IAA 2017

CAR FEATURES

IAA 2017|フランクフルト モーターショー 2017

“モーター”ショーの向かう先

次はフェードアウトか「有人ドローン館」か

フランクフルト モーターショーの現地に足を運び、現地の熱と報道を肌で感じた大矢アキオ氏。
市販モデルの傾向はもとより、俯瞰してみたとき見えてくる、モーターショー自体の未来についての考察。

Photographs by Akio Lorenzo OYA / Mari OYAText by Akio Lorenzo OYA

今年はiPhoneにはかき消されなかったが

フランクフルト モーターショーにおける過去数回のライバルは、ずばり「アップル」であった。

具体的には彼らが、ショーとほぼ同時期に大西洋の向こうで催す新製品発表会だ。

s_027_IAA_2017_rep2

BMW i8 Memphis Style

s_017_IAA_2017_rep2

Lamborghini Aventador S Roadster

メディアの多くは、たとえ夏中にメーカーが配信するコンセプトカーや新型車のティザー画像を並べ立てていても、いざ新しいiPhoneが発表されると一気にクルマの話題はトーンダウンしてしまうのが常だった。

話題性という観点でアップルの新製品は、わずか数機種でフランクフルトの200台を超えるプレミア車を一気にかき消してしまう。それだけ“破壊力”をもっていたのである。

s_016_IAA_2017_rep2

Audi R8 V10 RWS

s_013_IAA_2017_rep2

Skoda KAROQ

いっぽう今年2017年、欧州メディアは意外にもフランクフルトを取り上げつづけた。

背景の一つにはディーゼルエミッション不正が社会問題に拡大したなか、各メーカーの電動化戦略が注目されたことだ。もう一つはiPhone8およびXが、ほぼ予想どおりのスペックだったことがあろう。