戸田恵子×植木 豪|60th Anniversary LIVEを終えて

戸田恵子×植木 豪|60th Anniversary LIVEを終えて

Happy? Half Century

60th Anniversary LIVEを終えて

沢山の方の支えをいただき、人生60年目の節目となる記念ライブを無事成功に終わらせることができました。そこで今回は構成・演出・振り付けをしてくれた植木豪氏と一緒に、むちゃくちゃ楽しかったライブの振り返り&反省会です。

Text by TODA Keiko

アーティスト・戸田恵子を発信するべく

戸田恵子(以下、戸田)・植木豪(以下、植木) いや~終わっちゃいましたねぇ~!! お疲れ様でした~!!

戸田 まずは今回のライブ、構成・演出・振り付けをしてくれた豪には心から感謝しています。

植木 とんでもない。僕もとても光栄でした。

戸田 これまでもアニバーサリーライブに関しては私のことをよく知る仲の良い人に演出をお願いしてきたのだけど、はてさて60歳の記念すべき還暦ライブを誰にお願いしようと考えたところ、めちゃくちゃ近くにその人は居ました(笑)。

植木 そうですね(笑)。特にこの10年は色んな事を積み上げてきて、姉さんの公私ともに色々分かってますからね。

戸田 そして豪の活動もこの10年は大きな広がりと成長を見せていて、たくさんの舞台に出たり「WASABEATS」をプロデュースしたりと、その活躍は素晴らしかった。

植木 今回のコンテンツ作りは姉さんの豊富な人生経験からあっという間にできました。オープニングから中盤、後半のライブ。姉さんが持っている面白い要素、楽しい要素、全部分かってますし。なんとしても「戸田恵子」として、女優・声優というのではなくてアーティストとして姉さんが発信しようとしているものを見せたい。そう思いました。

s_011_keikoTODA_60th_s

戸田 深いね~(笑)。

植木 マンパワーは強いということを。ライブにしろ、コンテンツにしろ、楽曲にしろ、音にしろ、自分のライブではできないけど、姉さんのパワーならイケるんだとぶち込んでみました。

戸田 正直しんどかった(笑)。

植木 しんどいっすよねぇ(笑)。

戸田 皆にも言われたけど、体力勝負! よくまだこんなに動くよね~って。チームアンパンマンにも、これがプロだねなんて誉められましたよ。

s_003_keikoTODA_60th_s
s_005_keikoTODA_60th_s
s_008_keikoTODA_60th_s
ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 …