中目黒・蒼樂(そら)は、ほど良い緊張感がありながら気軽に食べられる粋な店|EAT

EAT|中目黒・蒼樂(そら)は、ほど良い緊張感がありながら気軽に食べられる粋な店

LOUNGE EAT

EAT|居心地良いも美味しさのひとつ

中目黒・蒼樂(そら)は、ほど良い緊張感が
ありながら気軽に食べられる粋な店 (1)

今宵の一献。気の置けない友人と水入らずだが、そこいらの居酒屋では芸がない。訪れる高揚感と、和める雰囲気。その相反する要素をほどよい塩梅(あんばい)で保つ店に合うと、もう、このうえなく楽しくなる。

Text by NAGASAKI Yoshitsugu

一品料理に加えて、家食的な料理が魅力

中目黒という街の不思議さは、都心でもなく郊外でもなく、地元でもない。なんとも言えない居心地の良さがあるので、ついつい足が向いてしまうという街であることは確かだ。

都心の喧騒でもなく、地元のラフさでもない中間地点としての魅力。ここには多くの“食”の人気店が四方八方へと広がっているが、どこもちょっと落ち着きがない(よく言えば賑わっている)。ゆっくりと話をしながら、食べ飲む、にぴったりの店がそう多くはないと感じていた。

そんな中、とある友人から、ならばいい店を紹介しようと誘われて向かったのが、開店まもない「蒼樂」という和食店。山手通りから一本裏手。いきなり静かな裏通りにその店はある。場所としてはまさに隠れ家。

中目黒・蒼樂(そら)
中目黒・蒼樂(そら)

「お、ここはかつて元旦という和食店があった場所ではないか!」と昔の記憶が蘇る。

店のしつらえは、そう大きくは変わっていないが、どことなくより落ち着いた感じなっている。目印となる提灯には見事な書で店名が書かれている。聞けば、注目の女性書家、川尾朋子さんの手になるものだという。お見事!

さて、店内に入ると大きなカウンターが目につく。片側は障子で区切られた小上がり、プライベートでも会食でも使いやすい構造になっている。「さて、男二人、カウンターでゆっくり楽しみますか」。

Page02. 料亭仕込みの技をカジュアルに生かす