メルセデス・ベンツ初のクロスオーバー「Eクラス オールテレイン」登場|Mercedes-Benz

メルセデス・ベンツ初のクロスオーバー「Eクラス オールテレイン」登場|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz E 220 d 4MATIC All-Terrain|メルセデス・ベンツ E 220 d 4MATIC オールテレイン

メルセデス・ベンツ初のクロスオーバー
「Eクラス オールテレイン」登場

メルセデス・ベンツ日本は、SUV譲りの車高とステーションワゴンの実用性を併せ持った同社初のクロスオーバーモデル「Eクラス オールテレイン」を9月26日から発売した。

Text by OPENERS

Eクラス唯一の四輪駆動クリーンディーゼルモデル

先日のメルセデス・マイバッハの発表会でもチラ見せされたメルセデス・ベンツ「Eクラス オールテレイン」は、SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたクロスオーバーモデルで、「Eクラス」としては4番目のボディタイプとなる。

ボディサイズを全長4,950×全幅1,860×全高1,495mm、最低地上高140mmと、ステーションワゴンに比べて10mm短く、10mm広く、30mm高く、最低地上高を25mmアップすることで、高い地上高とアイポイント、乗降のしやすさというSUVらしさを持ちながら、一般的な駐車場に入るボディサイズに収めた点が特徴だ。

s_mercedes-benz-e-allterrain_004
s_mercedes-benz-e-allterrain_014

エクステリアは、同社のSUVモデルに共通する2本のフィンをあしらったラジエーターグリル、前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガード、ブラックのホイールアーチカバー、専用19インチ10スポークアルミホイールなどでSUVらしさを強調。

インテリアは、「ブラック」「ナッツブラウン」「マキアートベージュ」の3色から選べる本革シートや、ブラッシュドアルミの専用トリムを採用して上質な室内空間を演出している。2つの12.3インチワイドディスプレーを1枚のガラスカバーで融合し、空中に浮かんでいるように見えるコックピットディスプレイは、ドライバーの視野に直接入るべきさまざまな情報を表示することができるほか、ステアリングにはタッチコントロール機能を装備。ボタンを縦、横方向にスワイプすることで、ドライバーはアクセルとブレーキ以外のほとんどの操作を、ステアリングから手を離すことなく正確に行うことができるという。