ジャガーがEVレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」発表|Jaguar

ジャガーがEVレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」発表|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar I-PACE eTROPHY|ジャガーI-PACE eトロフィー

ジャガーがEVレース「Jaguar I-PACE eTROPHY」発表

ジャガーは9月12日、来年発売を予定している電気自動車「I-PACE」を使用した国際ワンメイクレース・シリーズ「ジャガー I-PACE eトロフィー」の発足を発表、2018年後半から開幕するFIAフォーミュラE選手権第5シーズンのサポートレースとして開催するとした。

Text by OPENERS

市販EVベースの国際選手権は世界初

発表によると、ジャガーI-PACE eトロフィーは、2018年市販予定のEV「I-PACE」をベースにしたレーシングカーによるワンメイクレース・シリーズで、市販EVを使用した世界初の国際選手権になるという。

レースは2018/19年のフォーミュラE第5シーズンのサポートレースとして、香港、パリ、ローマ、ニューヨーク、サンパウロなど世界有数の都市で合計10戦を開催する予定。参加メンバーは、各レース会場で、異なるVIPドライバーを含む最大20名で、コースもフォーミュラEと同じものを使用する。

s_003_Jaguar_I-PACE
s_006_Jaguar_I-PACE

また、参加するドライバーには、ジャガー・レーシングによる「Arrive and Drive」と呼ばれるフルパッケージが提供される予定で、その内容は、「レースカーの準備からデータエンジニアリングにいたるまでの、専門スタッフによるテクニカルサポート」「車両、スペアパーツ、装備のロジスティクス」「タイヤ、消費財」「レース開催の週末のガレージ・インフラ等」「選手権のプロモーション、マーケティング活動」「各ドライバー用レースウェア」「参戦者向けのホスピタリティと、スポンサー、ゲスト用の指定席購入権」「選手権のテレビ放送」など万全を期したものとなる。

レースは、フリー走行、予選、30分間の決勝戦といった流れになる。

ジャガー・レーシングのガード・マウザー チェアマンは「2016年、ジャガーは『Race to Innovate』をミッションに掲げてレースに復帰しました。ジャガー I-PACE eトロフィーの発足は、EV、国際モータースポーツ、フォーミュラEへのコミットメント強化であるとともに、レース活動を通して将来の電気自動車の技術を高め、顧客にもメリットをもたらすでしょう」と語り、さらにはアウディ、メルセデス・ベンツ、ポルシェなどが参加表明したフォーミュラEへの、若手ドライバーの登竜門であるとした。

s_005_Jaguar_I-PACE
s_008_Jaguar_I-PACE

フォーミュラEの創立者であるアレハンドロ・アガグCEOは「パナソニック・ジャガーレーシングのフォーミュラE参戦だけでなく、ジャガー I-PACE eトロフィーはファンが楽しめるイベントとなるはずで、歓迎したい。ジャガーが許してくれるなら、私も自前のレーススーツとヘルメットを持ち込んで参戦したいのだ」と述べている。

ジャガーI-PACE eトロフィー参戦用レーシングカーの技術仕様や価格、レース日程は2018年に発表する予定だ。