約10年ぶりのレギュラーラインナップとなる新商品『アン・オー』|Ardbeg

Ardbeg|約10年ぶりのレギュラーラインナップとなる新商品『アン・オー』

EAT TOKYO Tips

Ardbeg|アードベッグ

まろやかさとスモーキーさが溶け合うシングルモルト

アイラモルト「アードベッグ」の新たな定番『アン・オー』が登場。スモーキーさとまろやかな甘みが溶け合う味わいを実現。3種類の樽で熟成して仕上げた、風味と香りをぜひ味わってみてほしい。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

原酒を3種類の樽で熟成

ピーティーでスモーキーな風味の中に、繊細な甘さと複雑さを感じられる個性的な味わいが人々を魅了するアイラモルト、Ardbeg(アードベッグ)。この度、約10年ぶりに定番商品に加わる『アン・オー』が登場。アードベッグが蒸留所を構えるアイラ島にあるマル・オブ・オーと呼ばれる岬にちなんでその名が与えられた。

アイラ島の最南端に位置するマル・オブ・オーの崖は、長年の雨風を受け続け、丸みを帯びた形状をしている。大西洋の荒波と入り江が出会う、動と静、荒々しさと穏やかさが同居する地形なのだ。

その地形のように『アン・オー』は、スモーキーな香りと繊細な甘さがなめらかでクリーミーなテクスチャーの中で溶け合う。

原酒は、甘さをもたらすペドロヒメネス・シェリー樽、スパイシーさをもたらすチャーをほどこした新樽、ファーストフィルのバーボン樽の3種類の樽で熟成する。

アードベッグ最高蒸留・製造責任者ビル・ラムズデン博士が“魔法をかけた”と語る、特別に作られたギャザリングルームでヴァッティングし、長い時間をかけて、個々の和を上回る複雑さと繊細な甘味とスモーキーさを実現した。

ardbeg_001

リンゴの木を燃やしたような香りと、トフィーやアニスシード、糖蜜やデーツのクリーミーなノート。桃やバナナのフルーティーな香りがスモーキーさを際立たせる。味わいはシロップのような甘さとスパイス、葉巻の煙、アーティチョークの風味が感じられ、ウッディ―さとナッティーさが終始続く。余韻としてアニスシード、ヒッコリー、かすかにスモークが続く。

約10年ぶりという新定番。秋の夜長をしっとりと演出してくれる一本だ。

アードベッグ アン・オー
容量|700ml
アルコール度数|46.6度 ノンチルフィルター
発売日|2017年10月4日(水)
価格|7000円(税別)

問い合わせ先

MHD モネ ヘネシー ディアジオ

Tel.03-5217-9731