手仕事の温かみを大切にする、Timeless & Current な大人のクラシックアメリカン|SHINOLA

SHINOLA|手仕事の温かみを大切にする、Timeless & Current な大人のクラシックアメリカン

The Muldowney 12万円(税別)。

WATCH&JEWELRY FEATURES

SHINOLA|シャイノラ

大量生産、大量消費にNo !

Live Wellな人たちが作り出す
“いつも”がちょっと素敵になるアクセサリー(1)

2017年10月4日(水)、伊勢丹新宿店本館4階にアメリカ・デトロイト発のデザインブランドSHINOLAのレディス店舗がオープンした。今年5月、伊勢丹新宿店メンズ館7階に国内初のSHINOLA直営店がオープンしたばかりだが、早くも2店舗目が同じく伊勢丹新宿店内にオープンすることになる。世界にアンテナを張り巡らせる伊勢丹が、創業わずか6年の新興ブランドにこだわる理由は何なのか?

Text by KOIZUMI Yoko

アイテムひとつひとつに、ハンドメイドの温もりを添えて

SHINOLAは、「丈夫で長持ちする製品を提供する」というコンセプトにもとづき、アメリカ・ミシガン州にあるデトロイト市にて2011年に創業。デザインブランドとしての確かな技術力と、伝統の職人技に裏打ちされた数々の製品を生み出すことで、名声を確立している。

02

04

03

クラシカルなディテールをベースに、洗練を加えたデザインは、スマートかつクリーンな印象をもたらす。
The Runwell 9万円(税別)。

「使い捨ての時代はもう終わった」

かつて市の中核を担ってきた自動車産業の技術者のように、真面目で手先の器用な人材がここにはいる。SHINOLAは彼らのスキルを活用して、高品質で長く愛用できる製品作りを目指した。量産しても価値を失わない、妥協のない工業製品を作ろうと決めたのだ。

同社のクリエイティブ・ディレクターのダニエル・コーディル氏は「SHINOLAが顧客に約束するのは、“すべてに丁寧であること”です」と話す。品質が高く、経年変化が楽しめる風合いを持ち、一過性のデザインにしない。それはかつてのアメリカ製品が備えていた価値観である。

「現在、ファストファッションが世界的に隆盛を極めていますが、SHINOLAはその対極と捉えています。ファストフードに対して、意識の高い消費者は距離を置くようになってきましたが、同様にファストファッションに対しても意識を持って向き合う人が増えてくるのではないかと考えています」

ファストフードが、カロリーは高いが栄養素は少ないことは周知の事実。良い食べ物がLive Wellにつながるのであれば、良質な製品もまた、日々、手にしているうちにユーザーの感性を育み、心の栄養になり、Live Wellへと導く。

大量生産・大量消費の陰には、労働力搾取といった問題も見えてくる。コストカットに奔走し、疲弊する市場ではなく、消費者の満足に加えて、作り手も笑顔でいられる製品であり、市場でありたいと願う――

SHINOLAのそうした姿勢は、アメリカ各地で受け入れられている。

直営店第1号が本拠地デトロイトにオープンすると、多くの人々がSHINOLAに賛同、現在はニューヨーク、ワシントンD.C.、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなど全米25店舗に広が

05

06

っている。また伊勢丹新宿店をはじめ、ロンドン、パリなど、世界各地の主要百貨店で、SHINOLAの取り扱いがスタートしている。

Page02. 作り手の顔が見える、だから大切にできる