2020年までに全ラインアップに電動化モデルを設定することを発表|Jaguar Land Rover

2020年までに全ラインアップに電動化モデルを設定することを発表|Jaguar Land Rover

CAR NEWS

Jauguar Land Rover|ジャガー・ランドローバー

2020年までに全ラインアップに電動化モデルを設定することを発表

ジャガー・ランドローバーは現地時間9月8日、モビリティの将来をテーマに、展示やパネルディスカッションなどを盛り込んだイベント「Tech Fest 2017」をロンドンで初開催。そのなかで2020年までにジャガー・ランドローバーが展開するすべての車種に電動化モデルをラインアップすることを発表した。

Text by YANAKA Tomomi

2018年にはフルEVモデルジャガー「Iペイス」を発売

自動車産業やそれを取り巻く世界の未来を再形成するうえでテクノロジーが果たす役割を模索することを目的にはじめて開催された「Tech Fest」。イベントでは、インタラクティブな展示やディスカッションなど多彩なイベントが繰り広げられた。

そのなかで発表されたのが、2020年までにジャガー・ランドローバーが販売するすべてのクルマへの電動化モデルの導入だ。CEOのラルフ・スペッツ博士は「2020年よりジャガー・ランドローバーのすべての車種にEV(電気自動車)、PHEV(プラグイン ハイブリッド)、およびMHEV(マイルド ハイブリッド)といった電動化モデルを取り揃え、幅広い選択肢を提供する」とコメントした。

Jaguar I-Pace|ジャガー Iペイス
Jaguar I-Pace|ジャガー Iペイス

この2020年に向けての宣言への足掛かりとして、ジャガーでは初のフルEV「Iペイス」が来年発売されることもすでにアナウンスされている。

このほかにも「Tech Fest」では、2040年一行の未来のモビリティを示唆するバーチャル コンセプト モデル「フューチャー タイプ」や、往年の「Eタイプ」をEVとしてリストアしたモデルを発表するなど、会場ではインタラクティブな機能や自動運転技術、最新車両などが紹介された。

問い合わせ先

ジャガーコール

0120-050-689(9:00-18:00、土日祝日を除く)