新型メルセデス・マイバッハ Sクラスを販売開始|Mercedes-Maybach

新型メルセデス・マイバッハ Sクラスを販売開始|Mercedes-Maybach

CAR NEWS

Mercedes-Maybach S Class|メルセデス・マイバッハ S クラス
Mercedes-Benz E Class All Terrain|メルセデス・ベンツ E クラス オールテレイン

クロスオーバータイプのEクラスも国内初披露

新型メルセデス・マイバッハ Sクラスを販売開始 (2)

インテリジェントドライブも機能強化

今回のマイナーチェンジにより、超音波センサーにより自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステム「インテリジェント ドライブ」の多くの機能が強化された。先行車との車間距離を維持する「アクティブ ディスタンス アシスト ディストロニック」は、自動再発進機能が追加され、停止後30秒以内であればドライバーはアクセルを踏まなくても前走車に従って自動的に発進するようになった。

「アクティブ ステアリング アシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガードレール等を検知しステアリングアシストが行われる。同時に、高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブ レーン チェンジング アシスト」により、ウインカーを操作すると、行き先の車線に車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更する機能も追加された。

新型メルセデス・マイバッハ Sクラスを販売開始|Mercedes-Maybach
新型メルセデス・マイバッハ Sクラスを販売開始|Mercedes-Maybach

そのほか、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブ ブレーキ アシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も搭載。

コネクティビティも充実した。スマートフォンによるロック/アンロック機能のほか、24時間コンシェルジュサービスなどの利用が可能になった。

また「S 560」と「S 650」では、リモートパーキングアシストも利用できる。これは車外からスマートフォンを使って狭い駐車スペースや車庫への駐車操作を行うことで乗員の乗降を容易にするもので、縦列駐車・並列駐車スペースへの駐車操作および前進、後退が可能だ。

前方路面の凹凸を検知し、クルマの姿勢を常にフラットな状態に保つ、「マジック ボディ コントロール」も装備。同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏は、「オフィスや書斎にいる時と同様に車内で文字を書くことができるほどの快適な乗り心地を実現した」と絶賛する。

リアシートの安全性においては、万一の衝突の際にはシートベルトを通常時の3倍程度膨張させて、肩や腕にかかる衝撃を軽減するSRSベルトバッグ、リクライニング状態でシートベルトの下から体が滑り出す“サブマリン現象”を防ぐ座面下のクッションエアバッグが乗員を最大限に保護するという。