アルファロメオ ジュリア日本上陸|Alfa Romeo

アルファロメオ ジュリア日本上陸|Alfa Romeo

CAR NEWS

アルファロメオ ジュリア|Alfa Romeo Giulia

アルファロメオ ジュリア日本上陸

FCAジャパンは10月14日より、アルファロメオのDセグメント スポーツサルーン「ジュリア」の販売を開始する。価格は446万円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

日本へは4グレードが導入

近年、「ミト」や「ジュリエッタ」「4C」など比較的コンパクトなモデルの導入が多かったアルファロメオ。そこに「156」や「159」などの後継となる、ミッドサイズセダンのジュリアが投入される。

日本に導入されるグレードは大きく4つ。エントリーグレードの「ジュリア」は受注生産モデルと位置付けられ、2リッター直列4気筒マルチエア ツインスクロールターボ エンジンを搭載。出力は200ps、最大トルクは330Nmを発生し、8段ATが組み合わされる。バイキセノンヘッドライトをはじめ17インチアロイホイール、レザーシート、6ウェイパワーシート、車載インフォテインメントシステムのConnectシステムなどが標準装備となる。

s_039_Alfaromeo_Giulia_super

Alfaromeo Giulia super

s_041_Alfaromeo_Giulia_super

Alfaromeo Giulia super

「ジュリア スーパー」は、ジュリアと共通のパワートレインながら、プレミアムレザーシート、ステッチ付のレザーインストルメントパネルとドアパネル、ウォールナット/グレイオークのウッドパネルや、harman/kardon製プレミアムオーディオシステムが装備される。発表会場でFCAジャパン代表取締役社長のポンタス・ヘグストロム氏は同グレードについて、「上質なインテリアで、イタリア車らしい高級感を備えたラグジュアリーグレードです。先進快適安全装備も満載され、ドイツ系の競合車を凌駕する装備レベルを誇ります」と紹介した。

次に「ジュリア ヴェローチェ」。エンジンはスーパーなどと同形式ながら、280ps、400Nmまで性能を向上させ、駆動方式は4輪駆動が組み合わされる。ブレーキ性能も強化され、より走りを前面に打ち出すスポーティグレードといえる。

s_043_Alfaromeo_Giulia_veloce

Alfaromeo Giulia veloce

s_050_Alfaromeo_Giulia_quadrifoglio

Alfaromeo Giulia quadrifoglio

最後は「ジュリア クアドリフォリオ」だ。ジュリア シリーズの中で最も高性能なこのグレードは、2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。フェラーリ出身のエンジニアチームを中心に、アルファロメオで独自開発されたこのエンジンは、最大出力は510ps、最大トルクは600Nmを発生。後輪駆動ながら、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度307km/hを誇る。2016年にニュルブルクリンク北コースで当時の4ドアセダン世界最速タイムとなる7分32秒の記録を樹立したモデルである。

アクティブエアロスプリッターやトルクベクタリング、前後異なるサイズの19インチワイドタイヤや、大型化したブレーキシステムなどの専用装備が与えられるほか、カーボン製のエンジンフードやルーフパネルを採用することで、3.0kg/ps未満というパワーウェイトレシオを実現している。ポンタス氏は、「競合ハイパフォーマンスモデルを凌駕する圧倒的なパフォーマンスを誇ります」とし、競合ドイツ勢を視野に十分戦闘力があることをアピールした。