ベントレー「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ|Bentley

ベントレー「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ|Bentley

CAR NEWS

BENTLEY Continental GT|ベントレー コンチネンタルGT

ベントレー「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ

ベントレー モーターズは8月29日、3世代目へとフルモデルチェンジした4シーター ラグジュアリー グランドツアラー「コンチネンタルGT」を発表した。

Text by OPENERS

設計、エンジニアリング、ハンドクラフトはすべて英国製

「ベントレーは、100年近くものあいだ、ラグジュアリーなグランドツーリングカーの世界をリードしてきました。第3世代の「コンチネンタルGT」は、ベントレーのデザインとエンジニアリングの賜物で、それを所有する喜びとともに、歴史に新たな一歩を刻むクルマです」と語るのは、ウォルフガング・デュルハイマー同社会長兼CEOだ。

設計、開発、ハンドビルドのすべてをイギリスで行う新型コンチネンタルGTの心臓部に収まるのは、最新のエンジンマネージメントシステムでブラッシュアップした6.0リッターW型12気筒ツインターボTSIエンジンだ。最高出力634ps、最大トルク900Nmの圧倒的パワーを誇り、8段デュアルクラッチトランスミッションと組み合わせることで、0-100km/h加速3.7秒、最高速度333km/hを実現した。

Bentley Continental<br />
 GT|ベントレー コンチネンタルGT
Bentley Continental<br />
 GT|ベントレー コンチネンタルGT

また、アイドリングストップ機能や片バンク休止機能に加え、高圧・低圧の2種類の燃料噴射方式を採用したことで、燃費性能は先代の14.2ℓ/100kmから12.2ℓ/100km(およそ8.2km/ℓ)に改善したほか、CO2排出量も16パーセント改善した278g/kmを達成。W12という特異なエンジンレイアウトは、同クラスのV12エンジンより全長が24パーセント短いため、理想的な重量配分や室内スペース拡大などが可能になり、メリットは多いという。

グランドツアラーとしての乗り心地やハンドリングを支える足回りには、先進的なコントロールシステムの「ベントレー ダイナミック ライド」を搭載。各アクスルのアンチロールバーにある電子アクチュエーターを制御・調整することで、コーナリング時のロールを抑えるとともに通常走行での快適さをキープするという。エアサスペンションには3チャンバーエアスプリングを採用し、走行モードに応じた調整範囲の広いシャシーを実現させている。

駆動は変わらず4輪だが、従来の前後40:60固定式からモードや走行状態、ドライバーの操作などに基づき、トルク配分を自動制御するアクティブ全輪駆動システムを採用している。