ルノー カジャー 限定車を先行販売|Renault

ルノー カジャー 限定車を先行販売|Renault

CAR NEWS

Renault Kadjar|ルノー カジャー

ルノー カジャー 限定車を先行販売

ルノー・ジャポンはCセグメントSUVの「カジャー」を来年1月より販売を開始する。それに先立ち、8月31日よりBOSEサウンドシステムとパノラミックルーフを装備した限定車、「カジャー Bose」を100台限定で発売した。価格は344万円。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

これまでのルノーデザインを踏襲したエクステリア

2015年のジュネーブショーで、CセグメントSUVとしてデビューしたルノー「カジャー」。そのプラットフォームは日産「キャシュカイ」等と同じルノー日産アライアンスのCMFを使用している。

日本に導入されるモデルは1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載した前輪駆動で、最高出力は131ps、最大トルクは205Nmを発生。オーバーブースト機能により、2速と3速の低速域でのトルクが増大し、2リッター級の加速感が味わえるという。

s_008_Renault_Kadjar
s_025_Renault_Kadjar

組み合わされるトランスミッションは、デュアルクラッチ電子制御7段AT(7EDC)。これまでの6段から7段へ進化したとともに、クラッチを乾式から湿式変更し、よりスムーズな変速とトルク伝達が行われる。

エクステリアデザインは、デザインスケッチを忠実に実車に落とし込むことを目指し開発。これまでのSUVのような直線中心ではなく、多くの曲面で構成され、アスリートの筋肉質な力強さを表現している。同時に「ルーテシア」などのドア周りの曲線と近似性も持たせている。

s_009_Renault_Kadjar
s_024_Renault_Kadjar

また、フロントフェイスも近年のルノーデザインのモチーフを踏襲しているが、メッキ部分をLEDヘッドライトへつなげてさらに幅広く見せることで、安定感を強調している。

インテリアは、直線基調で構成され、質感の向上が図られた。具体的にはサイドやドアトリム等にソフトパッドを採用。また、メーターはフルカラーのTFTを搭載し、5色(レッド、ブルー、ブラウン、グリーン、パープル)のカラー変更ができるとともに、表示も4種類から選ぶことが可能。

センターコンソールには、7インチのマルチファンクション タッチスクリーンを装備。「ルノーR-Link2」により、ラジオ、Bluetooth、USB、AUXを介した再生等ができるマルチメディアをはじめ、運転支援システムなどの車両の機能設定、スマートフォンに搭載されたAndroid AutoやApple Carplayを介して、スマートフォンの画面を表示。タッチスクリーンから直接スマートフォンの操作が可能だ。その動作もiPadのように非常にスムーズだという。